トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

番外:お疲れ様の会 (12/23)

SD初め、ホノルルマラソンを通じて盛り上がった仲間たち。
更に、日本で応援してくれた仲間たち。
皆で集まって、またも盛り上がりました。

    ホノルルマラソンお疲れ様の会 

という名目の、忘年会です。

【 参加者 】
・miepaapさん
・さまりすさん
・じれっタイガーさん
・FLACさん
・ネオスさん
・TaiTanさん
・ぽり雄さん
・imusamさん
・NAさん
・AKKOさん
・はるまさん
・海実子

盛り上がる盛り上がる!
なんでこんなに、走る話だけで盛り上がれるのか???
いいねぇ、同じ楽しみを持つ仲間っていうのは。

_144

本日は、

寄せ鍋

でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆ みなさんへ ☆

数日後、かあちゃんから葉書が届きました。

_142


| | コメント (6) | トラックバック (0)

☆ はるまさん・イノさんへ ☆

☆ はるまさん・イノさんへ ☆

あれよあれよという間に、ハワイ旅行は終わってしまいました。
長いようで短いハワイ旅行でしたね。

ホノルルマラソンの話が持ち上がったのは、2004年だったでしょうか。
今年の荒川マラソンのオフ会の頃には、今年はホノルルへ行こう!ということになり、まさか本当に行ってきてしまうとは、思ってもいませんでした。

ツアーを決めるとき、お金を振り込むとき、マラソンにエントリーするとき。
とにかくそのたびに、色々なことが起きて、行く前から賑やかでしたが、だからこそ楽しい旅行になったと思います。
それぞれに、色々な思い入れがあって、ホノルルマラソンへ辿り着いたわけですが、とにかく楽しかった!! この一言に尽きます。

お2人と一緒だったので、ホノルルマラソンに参加することができました。
本当にありがとうございました。

また、いつか、ホノルルマラソンに参加するときには、
更にパワーアップした マシンガンズ で挑みたいと思います。
そのときはまた、どうぞ宜しくお願いいたします。

                     2006年12月30日
                            海実子

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ただいま~ (日本時間12/12)

_111_2

いきなり
冬支度です。

_116   


到着便に載っていますね。

この後、3人で、お茶&軽食をしました。
マシンガンは健在です。
元気なのよ、私達。

その後。
はるまさんはバスで横浜へ。
イノさんと私は、京成スカイライナーで上野へ向かいました。

長くて短かった、ハワイ旅行の終了です。

_120

足元は、
思い出とともに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機の中で 2 (復路)

   _073_074






くつろいでおります。
ビジネスクラスです。
横幅が広い! リクライニングも良い!
ありがたや、ありがたや。

イノさんは、今朝の新聞を見始めました。
『 じれさんて、年齢は?住んでるところは? 』
『 39歳、さいたま市在住。』

そして、その後、イノさんは見事に、じれっタイガーさんの名前を新聞上に見つけたのでした。
載っているじれさんもすごいけど、見つけたイノさんもスゴイ!

_076

_077

朝食は、こんな感じ。
【左:海実子】 鶏そぼろ御飯
【右:イノさん】 ポークカレー

食事が済んでからは、ほとんど睡眠・・・
雲の上を飛んでいるので、外の景色も面白くないし。
上映している映画の中でも、特に観たいものはないし。

ZZZ・・・

カチャカチャという音で目を覚ますと、軽食の時間でした。
冷し中華だそうで。
デザートは、フルーツポンチ。
_078_085

 
食べ終えたトレイは、こんなカートの中にしまわれていくんですね。
トイレもそうだけど、飛行機の中って、色々な機材がとても効率よく配置されていると思うなあ。

軽食を済ませて、1時間ほどで成田に到着。

_098











1週間ぶりの日本は・・・ 雨 でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

See You!! (現地時間12/11)

ウィローズでの余韻も覚めやらぬまま、我々は帰国する事に。
翌早朝の出発のために、早々に就寝。

朝はまず、朝刊のチェックから。
バニヤンの部屋に届けられる新聞に、マラソンの記事が出ている。
英語の苦手な私には、新聞記事を読むことはできないけれど、スポーツ面には日本人のトップ100も掲載されている。
この時点では、知り合いの名前を見つけることはできなかった。
miepapaは残念ながら、ほんの少しの時間差で、トップ100に入らなかったようだ。
そして・・・じれっタイガーさんの本名を、
          思い出せなかったのだ。

ごめんね、じれさん
5:50にバニヤンのロビーに集合。
ツアー会社から手配された、リムジンが到着した。
今回の旅行の中で、唯一ゴージャスな取り扱い。

リムジンの中には、既に3名の方が乗り込んでおり、我々含めて6人で空港へ。
空港に着くと、荷物チェックをしてチェックイン。
ココで問題発生!
私の手荷物で引っかかってしまった。
ジップロックに入れていた、3本のもの。
ラブクリームのチューブ。制汗剤。ディクトンスプレー。
その中でも、ディクトンと制汗剤が気に入らなかったようで。

だって、日本では通過したじゃーん!!!

まあ、これは、私の言い分で、あちらさんにしてみると、怪しいと。
でも、ディクトンって、どこの製品よ? 
MADE IN U.S.A って書いてあるわよ?
もうひとつ、制汗剤が気に入らなかったようだけど、何が怪しかったのか?
40gの小さな缶なのに・・・。
まあ、怪しげなら捨ててきちゃえば良かったのだけど。

どちらも無罪放免とされて、無事通過。
チェックインは、先にはるまさんが。
その向こうのカウンターで呼ばれたので、私とイノさんが一緒にチェックイン。
そうしたら、はるまさんだけ座席が離れてしまった。
しかし、結果的に3人ともビジネスクラスで、ゆっくりできてよかったのかな?
はるまさんは、くつろぎすぎて、腰が痛くなったとか。
それならば、やはりマシンガンズは一緒にいて、話に華が咲いていたら、適度な睡眠時間で済んだのかな?

チェックインした後は、免税店などを覗きながら、ゲートへ向かう。
免税店と並ぶ売店で、新聞を発見!!
それを買う、帰国前の日本人の列が。
各ホテルにいる仲間達に、新聞の情報をメールする。

搭乗ゲートで、DFSで買ったバッグを受け取る。
搭乗時間まではそう長くないので、適当にお喋りをしながら過ごす。

間もなく、搭乗案内。
ビジネスシートでゆったり、のんびり。

もうコレで、ハワイとはお別れなのね・・・。_072











遠くに見えるダイヤモンドヘッド。
この後飛行機は、左に回旋し、ダイヤモンドヘッド目指して飛び立つのでした。

See you again HAWAII !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外:フィニッシャーズTシャツの色は?

たった今、疑問が解けた。

フィニッシャーズTシャツの色は?

あるルールにのっとっているらしい。

でも、それを聞いちゃったら、つまらないよね。

内緒にしておこう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ハワイの仲間達 (現地時間12/10)

_067_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィローズへ (現地時間12/10)

夜になり、また風が吹き始めた。

夜は、アロハパークで知り合った仲間達とオフ会。
現地在住のマイリィさんがコーディネートしてくれたお店は、ハワイアン料理のウィローズ。
Photo_6

** 写真提供  はるまさん **

仲間達が続々と集まってくる。
今回のとりまとめをしてくれた、アロパ内コミュニティ【 2006ホノルルマラソン 】(既に、2007ホノルルマラソンに改名済)の管理人、マサさんが登場。
そして、アロハストリートのスタッフ達も到着し、店内へ。

ビュッフェスタイルのハワイアン料理のお店で、
疑問の【 バター餅 】にもお目にかかれた。
_069





料理を取っていると、現地のお客さんに声を掛けられたりする。
フィにシャーズTシャツを着ているので、

『 ふぃにっしゃー? 
   ぐっじょーぶ!!
    こんぐらっじゅれーぃしょーん! 』

なんて言ってもらって、嬉しい☆

コーディネートしてくれたマイリィさんは、レース後ご主人の体調不良のため、オフ会には参加できなかった。
お会いできなかった事が残念。
(私は、滞在3日目に一度お会いしているが)
美味しいお料理と、とてもステキなお店。
マイリィさん、ありがとね~♪ 

マイリィさんは、その後、クリスマス・イブの日に、ご結婚されました。
おめでとうございます!!

マイリィさんの代わりに、お店での手配をすべて請け負ってくださったのは、アロハストリートの上野編集長。
スタローン編集長とも呼ばれているようです。
編集長、ありがとうございました。

_068

** アロハストリートのスタッフの皆さん **

こうして、ホノルル最後の夜は更けていくのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まだまだ続く、お楽しみ♪ (現地時間12/10)

テント内で30分ほど休んで、ボチボチ バニヤンに戻る事に。
ありがたいことに、バニヤンはココからとても近い。
歩いて帰ることができる。

バニヤンに着くと、順にシャワーを浴びる。
そして、荷造り・・・。
明日の出発に備えて。

そして、夜のお楽しみへと続くのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分で自分を褒めよう!(現地時間12/10) 

フィニッシュゲートをくぐって、ハワイアンなお姉さんと記念撮影してもらった。
しかし、私には気になることが・・・。

フィニッシャーズTシャツは、
     どこでもらえるの~???

コレをもらわにゃ、夜のオフ会に行けないじゃないの。
公園内の案内地図を見ても、それらしきものは見つけられない。
そこで、はるまさんに電話をする。
もうすでに、バニヤンに戻っているかと思ったら、まだツアーテントにいるとのこと。
私を待っていてくれたの?
ありがとね~♪

はるまさんにTシャツの受け渡し場所を聞くと、
『 とりあえず、テントに戻ってらっしゃい 』とのこと。
そうね、元気なところを皆に見せないとね。
公園の一番奥にあるツアーテントに戻る途中、

あ! カッパとたぬきだ。

そうそう、記念撮影を撮ってもらう為に、DCカードのワッペンもウエストポーチに貼っていたんだっけ。
撮影を待つ列に並ぶ。
私の前には、既にTシャツを着た日本人のおじさんがいる。
Tシャツはどこでもらえるのか尋ねてみると、ナイキブースの向こうの方、と教えてくれる。
奥のほうなら、やっぱりツアーテントに戻った方がいいね。
列を待ちながら、再度はるまさんに電話。

カッパとたぬきと記念写真を撮るので、5分くらいかかります。

ポラロイドでの撮影なので、ドンドン進んでいく。
本当に、待ち時間5分くらいで、20人以上待っていた人がはけていく。
ほとんどの人が、フィニッシャーズTシャツを着ている。

ところが・・・。
いざ、私の番 となったら、係りの人に止められた。
『 着ぐるみの交代をしますので、5~6分お待ちください。』
え゛~っ!
声をだして、はっきり抗議。
着ぐるみの中の人は、あまりに熱くて脱水症になる可能性があるので、と。
ふぅ~ん。
カッパのお皿が乾くってことね。

でも、どうせ止めるなら、既にフィニッシャーズTシャツを着て、くつろいできた人の前にしてよ!!
私なんて、見るからに
『 たった今 ゴールしました~ 』
っていう雰囲気丸出しなのに。
Tシャツを着ていないばかりか、持ってもいない。
貝のレイを首に掛けたまま、飲み物も、食べ物も、何も持っていない。
本当にゴールしたて、という感じアリアリなのよ。

まあ、カッパのお皿が乾く というのなら、仕方ない。

しかし、私の え゛~ に対して、係の人は、

『 カッパとたぬきがいなくてもよいなら、すぐにお撮りします。 』

と。
なんじゃ、そりゃ。
後ろに描かれたカッパとたぬきのイラストで写真を撮るなら、何もワッペン貼り付けて7時間も走ったりしないわい!!

カッパとたぬき 登場。
思い切って、2人の手をとり、万歳ポーズで撮影。
満足。

やっとツアーテントに辿り着くと、入り口ではるまさんとNAさんが出迎えてくれた。
『 海実子さん、おかえりなさーい!!! 』

あぁ、本当に、帰ってきたんだな~。

2人に言われて、やっと実感がわいた。
Tシャツの引換所は、すぐ隣だった。
Tシャツを受け取って、テントの中に入ると、イノさん・レイちゃん・あっこちゃんもくつろいでいる。
おにぎり食べる?豚汁もらう?アイシングの氷いる?
皆で気遣ってくれる。 ありがとぅ~♪

アイスクリームを貰ってきて、食べる。 美味しい!
NAさんのブログによると、私が戻ると、マシンガントーク止まらずだったようだが、そうなのかな?
普通のつもりなのだけど。
あ、普通だと、マシンガントークになっちゃうのね。

ああ、本当に、良く帰ってきたね。
      自分で自分を褒めてあげよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フィニッシャーズ・マシンガンズ

_066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完走! (現地時間12/10)

終わった・・・。
ネットタイム 07:08:55
うっそ~ って思うタイムかもしれないが、いやホント。
でも、最後まで捨てなかったんだから、それでいいじゃないか。

      GOOD JOB!!!

沿道で、たくさんの人からかけられた言葉。
コレを思い出すと、ちょっとジーンと来る。
ほんと、ホノルルマラソンを完走するのは、大仕事。

私の脚には、間違いなくホノルルを走ったという証拠に、
ファイテンテープの後が日焼けとして残りました。11_22_110

| | コメント (6) | トラックバック (0)

レース編・・・ゴールへの道

ハイウェイを下りると、往路とは別の道を進む。
ココでは、民家の間を抜けていくのだが、両脇に家の住人が出てきて、
ビーチチェアなんぞにくつろぎながら、絶えずランナーに声を掛けてくれる。
嬉しい気持ちでいっぱいになった。

KAHARA AVE を過ぎると、もう一度ダイヤモンドヘッドを登る。
往路では、長くダラダラと続く下り坂に、『帰りがイヤだな・・・』と思ったが、
案の定、ダラダラと長い。
この坂を登りながら、またも股関節が酷く痛むようになった。
右の小指のマメは問うつぶれていて、痛みもあるが慣れてきた。
登りの後半で、ツアー会社の中島コーチがカメラを持って待っていた。
『 じゃあ、コーチの前では走ってる振りで!』と言って、写真を撮ってもらい、
『 さあ、もう少し!』 とハイタッチで励ましてもらう。

坂を登りきって、カピオラに公園に続く道に入り、ゆっくり走り始める。
しかし、やはりあちこちが痛く、しばらくして歩いてしまう。

『 残り1キロ 』の表示が出たので、頑張って走ることにする。
右に大きくカーブして、フィニッシュゲートが見えると、残り600m。
ここが、NAさんが言っていた、鳥肌の立つ場所か。
あそこまで行ければ終わり。。。そう思いながらも、なかなか進まない。
100mほど進んだだろうか。ツアー会社の幟があったので、最後の応援をしてもらおうと
近寄って行ったとき、左つま先に異変が。
一瞬『ボワッ』っと暑くなり、痛くなる。
マメがつぶれたのだ。
ああ、あと500m、どうやって進もう。
このまま、ずっと笑顔で進めるのだろうか。
どうしようか。。。
そんなことを考えながら、だんだんゲートが近づいてくる。
フィニッシュはグリコゴール。
それをやらなきゃ終わらない。
5m手前くらいから、何とか笑顔で両手を挙げて、グリコゴール!!
1617_118



どれが 海実子 か、わかりますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レース編・・・打撃

15マイル手前で、復路のさまりすさんを見つける。

『 さまりすさん ファイトー!!』

と大声で叫んだら、びっくりしていた。
後にも先にも、コース上で見かけた知り合いは、さまりすさんだけ。
突っ込みのじれさんを応援したかったんだけどな・・・。

ハワイカイでは、何をどうやって歩いていたのか、憶えていない。

ハイウェイの復路に入り、不思議な現象が起こる。
異様に眠くて仕方ないのだ。
カラダを動かしているのだから、眠くなるなんてことないだろうと思っていたのだが、
眠くて眠くて、目をつぶったまま前へ進む。
真直ぐ進めなくて、ゆらりゆらりと左右へ揺れる。
・・・低血糖の前触れだ。と確信した。
グルコース切れで、脳に行くグルコースがないのだ。
エナジータブを取り出して、4粒ほど噛むと、少し緩和された。
しかし、1マイルも持たない。
また眠くなり、同じようにゆらりゆらり。
前評判が非常に悪かった『パワージェル』を飲むことにした。
1個41gで116kcal。
ぬめっとべタッとする感じだが、思ったほどいやじゃない。

そして、不思議なことに、コレを飲んだら俄然元気になり、頭すっきり!!!
やっぱり低血糖の前触れだったのだ。
恐るべしパワージェル。
これからは、マラソンのお供にしようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レース編・・・苦痛

11マイルのところでハイウェイに入る。片道7キロのハイウェイ走行。
ココでは復路の選手とすれ違えるので、中央線沿いを走る。
しばらく走ると、長谷川理恵とすれ違う。
でも、誰も気づかなかったようで、掛け声はない。
3時間半を目指す人とはココですれ違えるかと思ったけれど、誰とも会うことができなかった。

この頃、つま先に違和感を覚えていた。
右足小指の先に痛みがある・・・マメだ。
新品の靴下を履いたがそれがいけなかったか?
今まで10キロ以上は知っても、マメができたことはなかったので、安易に考えすぎたか。
そのうちに、腿が痛くなってきた・・・と思ったら、左の股関節に痛みが出た。
股関節から大腿の上部2/3くらいた攣りそうになる。
『 私も攣り地獄か??? 』
そんなことを考えながら進む。
やっぱり無理はあかんよね。
そう思いながら、ストレッチをしたりして、何とか回復を図ったが、
ほぼ半分の14マイル手前で、とうとう走れなくなった。

仕方ない、歩いていこう。
走れなくなったのは、マメのせいもあるし、股関節を初め足中が痛くなったから。
これは、自分の体重を支えながら前へ走る、という動作をし続けられない
そのくらいの筋力しかなかった、ということだ。
コレを何とかしなくては、フルマラソンを走りきることはできない、ということだ。
そういう脚だと、歩き出してからでも状況は変わらず、速く歩く事はできない。
脚を前に出して、体重を支えるということができないのだ。

対向には復路の参加者が走っている。
走っている人もいるのに、
   
自分は走れないと言う辛さ。
こんな辛さってあるのかと、初めて知った。
どうせなら、走って通りたいと、初めて知ったのだ。
不思議、そんな気持ちってわいてくるものなんだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レース編・・・揚々

人が込み合っていて、なかなか思うような走りにならない。
初フルマラソンなので、いつもこんな感じなのかどうかわからないが、
私にとっては大変ありがたいペース。
皆に遅れることなく、同じスピードでついていける。
真っ暗な中のスタートで、何だかとても不思議な感じ。
道路の工事の後遺症で、凸凹が多い。足元に気をつけながら進む。
しばらくの間は、人の間を縫うようにして、皆離れず走っていたが、
5キロを過ぎた辺りで、はるまさんが少しスピードを上げて離れていった。
いつの間にか、さまりすさんとも離れいていた。
私とイノさんは、A●Aというツアーの、5時間のペースランナーについていく。
このペースランナーが、説明つきで大変良かった。
途中、ペースランナーが男性に変わったが、それでもそこの集団についていく。

6マイル辺りで、この集団から少し遅れる。
イノさんはついて行ったようだ。
ゴールに辿り着くためには、自分のペースで走ることが大事なので、無理はしない。
ダイヤモンドヘッドの上り坂に入る。
少し明るくなってきたか。前日の日のでは、ダイヤモンドヘッドより西側では、7時前だった。

坂を登り切るとずいぶん明るくなった。
海に沿ってコースを進む。
18th AVEから右折すると、下り坂になっていて、前方に人・人・人の帯!!!
もう少しペースが速ければ、ココで日の出が見られたのに、もう太陽は昇っている。
_063

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ スタート (現地時間12/10)

スタート5分ほど前に花火が上がり、盛り上がりもピークに。
5時を少し過ぎてスタート。予想通り、最初は歩き。
スタートゲートを過ぎると、急に走り出す。
はるまさん・イノさん・さまりすさんと4人で揃って走り出す。
_062

写真が酷くボケてるけど。
スタートゲート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Honolulu Marathon2006 レース前4

_060

_061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Honolulu Marathon2006 レース前3

スタート地点のカピオラニ公園で、ツアー参加者第一陣の説明会とストレッチが行われる。
昨日までは連日かなり強い風が吹いていたが、今日は風はない。
しかし、夜明け前なので、やっぱり寒い。
持参した、100円ショップのレインコートを着て、体温を下げないようにする。

スタート1時間半前には、説明会&ストレッチも終わり、トイレを済ませ、スタート地点へ。

実は、前出のチョコレート型整腸剤を、昨日2度に分けて飲んでいた。
それが、ジワリジワリと効いて来て、レース前に2度もトイレに行く羽目になった。
ジワジワと腹部が痛くなっていくときには、
【 初フルマラソン = トイレデビュー 】 
になってしまうかと心配した・・・。
レース前に、お腹は落ち着いた・・・ホッ。

ゴール目標4時間~5時間というプラカードのところへ並ぶ。
しばらくして、さまりすさんも合流し、スタート前の記念写真撮影。
本当にお祭り騒ぎ。
これは、マラソンレースの始まる前なのだろうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Honolulu Marathon2006 レース前2

_055

_057

_058

_059

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Honolulu Marathon2006 レース前1

_052

ナイス仮装 (!?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Honolulu Marathon2006 その日の朝 

携帯のアラームがなった。 午前1時。 起床時間。

ベッドのむっくりと起き上がり、カーテンを少し開けてみる。
外はまだ、真っ暗(当たり前か)。

おぉ!! 風が吹いていない!!

ホノルルへ来てから、風の吹いていない日はなかった。
とにかく毎日、強い風が吹きまくっていた。
バニヤンの窓から外を見ると、街路樹の葉っぱが裏返しになり、枝をしならせていたものだが、今朝は違う。
葉っぱが少し揺れているだけ。

『 レースの日は、天候がいいらしいよ。 』

pumelaniさんが言っていたとおり、天候が良いらしい。

身支度を整え、朝食。
とりあえず、ヨーグルトとバナナを食べる。
おにぎりは向こうへ着いてから食べる事にする。

ツアー会社のピックアップが2:20と早いので、2:10ごろには部屋を出る。
ロビーでツアーの幟を見つけて記念撮影。

_048_1さぁ~! 行きまっせ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マラソン前夜 (現地時間12/9)

買い物を満喫した我々は、バニヤンに戻り荷造りを始めた。
明日はレース本番。
夜はオフ会。
翌朝早くに帰国。
ここで、荷物を整理しておかなくてはならない。

荷物を整理しながら、レースの準備も平行して行う。
ウエアにゼッケンを着けたり、ポーチに入れて持っていく捕食を用意したり。
ゼッケンは胸に1枚。
それとは別に、ツアー会社から貰った、ニックネームゼッケンを、前後2枚貼る事にする。
イノさんやはるまさんは、背中側にだけ1枚貼ると言っていたが、私は両面。
だって、遅いんだもん。
走り去るときじゃなくて、走ってくるときから応援して欲しいじゃない?
だから、前側にも貼る事にした。
コレが結果的に良かったんだけどね。

走るときに、ポーチに入れて持っていくもの
・携帯電話
・デジカメ
・ザバス エナジータブ
・完走梅干
・塩飴
・パワージェル3ケ
・ミニタオル
・ティッシュペーパー
・リップクリーム
・バンドエイド
・お金


コレだけの物を入れようというのだから、日本を出る前に、ウエストポーチ選びは大変だった。
アレコレ迷って、いくつも買って、それでもパンパン。

そんなことをしていると、ドンドン時間は過ぎてゆく。
夕飯を食べなくっちゃ!!
夕飯は、前夜のホームパーティーの残り物。
カーボローディングよりも、プロテインローディングだったか?

それぞれに、ごそごそと支度をして、シャワーを浴びて。
私が一番最初に寝たけれど、それでも午後10時を過ぎていた。

さぁて、明日はいよいよ、レース本番です!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三度 アラモアナへ! (現地時間12/9)

ウォルマートでの買い物を済ませ、次に向かう歯・・・目と鼻の先のアラモアナショッピングセンターだ。

イノさんもはるまさんも、アラモアナに買い残したものがあるらしい。
そろって ホ●ス●ー へ向かう。
日本には未上陸の店で、あの アバクロの姉妹店だ。

私も一緒に店内に入ったが、この店はとても暗いので、目が疲れて仕方ない。
途中で外へ出て、ベンチに座って待っていた。
イノさんが1人で出てきた。
はるまさんはまだもう少し買い物をしたいということで、2人で帰ることにした。

アラモアナの店の外に出たところで、はるまさんから携帯に電話が。
イノさんの荷物を預かっていたのを渡し忘れたと。
もう一度センターの中に入り、3階のメイシーズの前で待ち合わせする。

はるまさんに会うと、先ほどホ●ス●ーで買った商品の値段が違っていなかった?とイノさんに尋ねる。
2人とも、同じ商品を、それぞれのご子息のお土産に買っていたのだ。
丁度マークダウンしていたのでラッキーだったと言っていた。
はるまさんがレジで金額の違いに気づき、表示どうりの金額に直してもらったという。

イノさんは、複数の商品を買っていたので、その1着の値段を確認していない。
レシートを見ると、マークダウン前の金額で取られている。
急いで店にとって帰り、金額交渉。
私は荷物の見張り番・・・。
(何しろ荷物がおおいから~)
この、金額交渉では、はるまさんが活躍したらしい。

結局のところ、キャッシュバックはできないが、金券で返してくれたそうだ。

はるまさんはお買い物の続き。
私とイノさんは、バニヤンへ戻る事に。
たくさんの荷物を持っているので、今日は歩かずにピンクトロリーに乗って帰ろうと、乗り場に行くと・・・ものすごい。
長蛇の列だよ・・・。

土曜日。
クリスマス前。
マラソン前日。
日本で言うなら、【 ボーナスサタデー 】。
あ、アメリカは、ボーナスはないんだっけ?

トロリーを待つ列は、日本人ばかりだけれど、地元の人もショッピングに来ているので、車の量がいつもよりはるかに多い。
渋滞が酷くて、トロリーが戻ってこない。
そして、乗客が多いのだ。

30分近く待って、やっと乗れたトロリーは、座席に座る事はできなかった。
走り出しても渋滞に巻き込まれ、なかなか進まない。
途中、どこだったか、席が空いてやっと座れた・・・。

くたくたになってバニヤンに到着。
さーて、これから、帰りの荷造りをしなくちゃいけないのだ。
なにせ、明日は、荷物の整理の時間なんてないんだから・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最後のお買い物 (現地時間12/9)

Eggs’n things での朝食を終え、本日目指すはウォルマート。
ばら撒きお土産はウォルマートで買え!ということだそうなので。

ウォルマートはアラモアナショッピングセンターの裏側にあるので、本日も徒歩で。
アラモアナショッピングセンターとウォルマートの間には、ファイテン・アラモアナショップもあると聞いたので、そこにも寄ってみるつもりで。

Eggs’n thingsをでてから、ほぼ一直線に進む良いのでラクだった。
どの辺りにいるかあまりわからないでいたが、ふと気づくと目の前にファイテンショップがあったので、入ってみた。

前々日辺りから、左の脛に痛みがあったので、チタンテープを貼ってもらおうと思っていたのだ。
店は空いていて、お客も2~3人しかいない。
店員さんも手がすいていたようなので
『 テーピング、お願いできますか? 』と声を掛けると、すぐにやってくれた。
痛みのある左の脛の部分と、2~3週間前から違和感のあった右ひざ、そして、両ふくらはぎを下から二股に分かれるように、チタンテープを貼ってもらう。

ふむふむ。
左脛は、先ほどまでの痛みは感じない。
このままずっと持続するのだろうか?
そんな疑問を感じたが、悪くは無さそうだ。

イノさんも、膝周りとふくらはぎに貼ってもらっていた。

店内を観て歩くと、ハワイ限定のネックレスタイプがあったので、思わず買ってしまった。
ホノルルマラソン当時は、それをつけて走った。
帰国後は、なぜかジョージくんがつけている。

ネックレスタイプ2本と、ディスクテープを買ったら、$50を超えた。
$50を超えると、ブレスタイプを1本オマケにくれると言う。
色が何色かあったが、迷わずと言っていた。
Qちゃんカラーのブレスタイプは、日本で応援してくれた仲間のお土産となった。
(12/23の忘年会の参加者で、ホノルルに行かなかった3名のうち、ジャンケンで負けた人に差し上げました。当選はTaiTanさんでした。

ファイテンショップのすぐ裏がウォルマートだった。
ウォルマートでは、入るなり興奮状態!!
日本で言うところの、ホームセンターみたいなところだ。
ここでもまた、集合時間を決めて、自由に買いまくる。

端から見て回っていると、すぐにショットグラスを見つけた。
そうそう!ガックンから、ガイドブックに載っていた、フラがールのおねえさん柄のショットグラスを買ってきてくれと、頼まれていたのであった。
一番チャーミングな柄とハイビスカスの柄の2点を選んだ。
その後、なかなか気に入ったものが見つからない。
手に持っているものは、ショットグラスのみ・・・。

食品のコーナーになり、展開が変わる。
クリスマス前なので、パッケージの絵柄もクリスマス仕様の、チョコレート菓子が所狭しと並んでいる。
ココで職場のお土産を買えばいいや。
でも、目移りしちゃってどうしよ~???
かさばるもの、重くなるものを避けて、手ごろなチョコレートをチョイス。

_045

こんなものも見つけた。
2日目の朝食で食べた、リッツの姉妹品。
べジーだって。
やっぱり、黄色地緑のポイントなのね。

チームべジーさんのお土産にすればよかったかな~?

とにかくすごかったのは、イノさんの買い物の量。
お土産のチョコレートは、10箱くらい買っていたし。
マーケットのレジ袋に7袋くらいあった。
中身を整理して、4袋くらいにしたけど、とても1人じゃ持ちきれないので、はるまさんと2人で1袋ずつ引き受けました。
私とはるまさんは、レジ袋1つに、半分くらいしか入っていなかったから。

そのあと・・・まだまだ続く!のでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ Eggs’n thingsへ (現地時間12/9)

バニヤンナイト翌日、我々マシンガンズは、Eggs’n things へ行く事にした。
有名なパンケーキやで、是非行って見たいと思っていた。

ところが、出遅れた。。。_002_1
店に着いたときには、既に超だの列だった。
このまま並ぶかどうか迷いながらも、名前を告げて順番を待つ。
店の前のベンチは限られた数しかなく、それに座れない客は、その近くにたむろしながら待つような状態。

・・・1時間経過。
後から来て待っている客もいるが、我々より前から待っている客も結構残っている。
店の中への案内が少ない。

・・・1時間半経過。
ココまで待つと、もう離れるわけには行かなくなってくる。
案内される客は少ないが、店の中では空席もあり準備が行われている。

・・・1時間45分経過。 呼ばれた!
店の中に入ると、きちんと3人分のテーブルセットがなされていた。
もう、店の外で、メニューを貰っていたので、何を注文するかは決まっていた。

『 ストロベリーのワッフル 』 
 トマトチーズのオムレツ with パンケーキ 

ここでも、ワッフルにするかパンケーキにするか悩んだ。
ただ、卵料理を注文すると、パンケーキがおまけで着いてくるというので、ならばそれにワッフルを1皿注文して、3人でシェアしようということになった。

オムレツのチーズは何にするかと尋ねられたので、モッツァレラにした。_034_1

間もなく、ワッフルが運ばれてきた。
ココのウリは、テンコ盛りのホイップクリーム。
その下に、手作りジャムが隠れている。
マッタリと甘いのかと思いきや、クリームの甘さは少なく、イチゴジャムの酸味が利いていて、とても美味しかった。
ワッフルは、カリカリタイプ。

_037
そして、オムレツとパンケーキ。
オムレツが熱いウチに、中のチーズがとろける様子を写真に収めようと、ナイフで切ってみたら・・・
出てきたのは、頼んだトマトではなくて、ハムだった・・・。

ナゼに、トマトがハムに化けた?

ハム入りのオムレツもとっても美味だったが。

_033_1_038_1 _039_1 _040_1 _041 _042_1 _043_1 _044_1

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

♪ バニヤンナイト 参加者の面々 ♪

Photo_5

** 写真提供 NAさん **

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

番外:ハワイと日本のキッチン事情

自炊のできる女が3人。マシンガンズのことだが。
この3人をもってしても、今回の料理には多少困った事があった。
キッチン用品の企画が、若干日本と違うのだ。

まず、炊飯器。
計量カップがついていなかったことは、☆バニヤンナイト☆のなかでも触れたが、カップの容量がどうも違うらしい。
以前、何かの本で読んだ事を思い出した。
日本では1カップが200cc、米については1合(180cc)というのが基準だが、アメリカでは1カップが200cc以上あるらしい。(定かではないが)
なので、炊飯器の水の量を決めるとき、とても困った。
炊飯器にも、水の目盛がついていなかった。
さらに、鍋で米を炊くときにも、水量を決めるのに困った。
『 水は米の2.2倍 』なんて言っても、米は研いじゃった後だし。

それから、換気扇。
そこにスイッチがあるのかわからず困った。

そして、電気コンロ&オーブン。
電気コンロは、電熱線が蚊取り線香のように渦巻いているのだが、どのツマミがどのコンロのものなのかがよくわからず。
つまみのところの印字が、薄くかすれてしまっていた。
また、どれが火力が強いのかもわからない。
ガスコンロのように、火が見えているわけではなく、電熱線が熱くなってくるまでには時間がかかるのだ。
オーブンに至っては、遣い方が全くわからなかった。
室内でのパーティーに変更したため、肉を一気にオーブンで焼きたかったのだが、遣い方がわからずに困っていた。
オーブンは、コンロの下にビルトインされているタイプ。

そこへ救世主。
現地在住のpumelaniさんが到着。
ちゃちゃっとオーブンのスイッチを入れてくれたのだ。

でかくてアメリカンなキッチンは、日本人には憧れだが、遣い方がわからないとどうにもならない。
今回遣い方がわかったので、ちょっと自信がついた海実子なのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

☆バニヤンナイト☆ (現地時間12/8)

DFSの近くのフードパントリーに寄り、肉や調味料、飲み物などを購入。
さあ、今夜はBBQパーティーだ!!

BBQは、午後5時過ぎ頃から始めようと考えていたが、仲間達はそれぞれに、ルアウなどに参加する予定があるので、5時には皆集まらない。
少し遅れるかな・・・などと考えながら、下ごしらえを始めた。
ひとつ心配事が・・・我々がハワイに到着してから、連日強風なのだ。
今日も、沿道の木は、葉の裏側がしっかり見えてしなるほどの、強い風が吹いている。
このままでは、外でのBBQは無理かもしれない。

そう思いながら、支度を進める。
朝のウチに、研いで浸水してあったお米を炊飯器に入れて炊く。
しかし、計量カップが着いていない。
パイレックスの計量カップはついているのだが、なんかへんだ。
日本とアメリカでは1カップの容量が違っていた事を思い出し、日本の1カップに相当する量に水を計量する。
何だか少し少なそうだけど、大丈夫かな?
そんな適当な水加減で炊いたけれど、ちゃんと炊けた。
ただ、炊飯器の内釜に御飯がひっついて、なかなか取れない。
次の米を炊くことができないので、2回目は鍋で炊くことにした。
これも何とか無事炊けた・・・ちょっとおこげができたけどね。

これらで、【 スパムむすび 】を作る。
じれっタイガーさんが、楽しみにしていると言っていたスパムむすびだ。
その話をイノさんにしておいたら、アロハパークでスパムむすびの作り方を聞いておいてくれた。Photo_5
本当は、醤油とみりんで甘辛に味付けするのがいいらしいが、私達はなんと、醤油を買い忘れた。
なので、フライパンで焼いただけで、味付けなしのスパムで作ってみたが・・・結果的には、日本人向けの結びになったと思う。
結構美味しくて、目からウロコだった。

結局のところ、風が強すぎて、外でのBBQは断念し、急遽ホームパーティーとなった。
最初に訪問してくれたのは。。。誰だったっけ~???

参加した仲間達は、以下のとおり。

* くにさん(イノさんの北上のお友達) 
* りかさん(くにさん夫人)
* じれっタイガーさん
* FLACさん
* あつさん(以上:チームべジーより)
* NAさん
* REIさん
* AKKOさん(以上:スロー・マシンガンズ・ジュニア)
* imusamさん
* tomoちゃん
* さまりすさん
* miepapaさん
* pumelaniさん(現地在住:イノさんのアロパコミュ仲間)
* はるまさん
* イノさん
* 海実子(以上:マシンガンズ)

ひゃ~!16人だよ~!!!
とにかく、良く食べて、良く喋って、良く笑った!!
異国の地で、こうやって日本からの仲間が集まって、楽しい時間が過ごせたなんてウソみたい!!

この中で、一番遅くやってきたのは、さまりすさん。
携帯を飛行機に忘れ、その後、空港まで携帯を取りに行き、その後ルアウに参加したので遅くなり、参加を見合わせようかと言っていた。
しかし、せっかくそこまで来ているのに、遅くなってもいいから来ればいいじゃん?ってことで、最後に到着。
さまりすさんにとっては、長~い長~い1日だったと思う。
さまりすさん登場のシーンは、皆が写真に撮っているので、他の方のブログでご覧下さい。(みんな、頼むよ。)

私はこういうとき、貧乏性なもので、なかなかジッとしていられない。
動き続けている方が帰って気持ちが楽なのだ。
それを見て、誰かに、【 BAR MIMIKO 】とか言われたっけ・・・。

夜もふけてきたので、皆は三々五々帰っていった・・・。

さまりすさんは、まだ十分に弾けていないようだったので、ここからは大人の時間と言う事で、さまりすさん、miepapaさん、&マシンガンズの5人で飲みなおした。
一番ご機嫌だったのは、もちろんイノさん。
もう、すっかり出来上がっちゃって、気分よさそう。
はいはい。何でもいたしますよ、お姫様☆。

こうして、ホームパーティの余韻を楽しむのでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

事件発生! (現地時間12/8)

DFSの中では、携帯が圏外になる。
メールも電話も、届かない。
更に、初期設定が、【 メール選択受信 】となっていたため、メールは直接携帯まで入ってこない。
センター着信したメールの中から、必要なものだけを呼び出すようになっていた。
面倒なので、メール選択受信を解除せずにいた。

買い物の途中で、どこでだったか忘れたが、携帯にメール着信のマークが出ていた。
連日メールは届いていたので、さほど気にせずセンターからメールを呼び出した。

件名に【 さまりすです。事故発生!】とある。
件名に 【 さまりす 】とあるのだから、さまりすさんからには間違いないだろう。
全くの見ず知らずの人が、さまりすという言葉を使うとは思えない。
なんじゃろ?と思って開いてみると、

・・・飛行機に携帯を忘れました。このメールもちゃんと届いているかどうか心配です。届いていたら、電話を下さい。×××ー×××× ・・・

なんやて!?
携帯忘れた?
ってことは、これは奥方の携帯からのメールか?
すぐに、書いてある番号に電話する。同じdocomoの携帯でよかった。
奥方の携帯だとすると、電話に出るのは奥方だから、なんと言えば怪しまれないか・・・そんなことを考えながら電話をすると、出たのはさまりすさんの声だった。

『 海実子ですけど。』と告げると、
『 えぇ~っ!! あぁ~よかった~!! 』と。

聞くと、携帯を飛行機に忘れてしまい、誰にも連絡がつかない状態になってしまったそうだ。
携帯にアドレスはあるけれど、手元に書いたものがなかったので、なんとなーく、頭の中に残っていた、私のアドレスに、ダメもとでメールをしてみたのだと言う。

ダメもとといいながら、良くぞ、このメールアドレスを覚えていたものだ。
確かに、アドレスの由来を教えたかもしれない。
複雑な文字や数字の羅列ではないけれど、意味が解らなきゃ記憶にも残らないアドレスだと思うのだが。

たった一つの連絡先につながったことで、他の仲間にもその旨伝える方法ができた。
さまりすさんはホッとしたようだった。
他の仲間には私から連絡を入れた。
メールにしろ電話にしろ、持っている相手には伝える事ができた。
さまりすさんのお友達の、チームべジーの方たちは携帯を持参していなかったが、私の携帯の番号をお知らせしてあり、夜のBBQの事で問い合わせが来たときに、さまりす事件を伝える事ができた。

携帯って便利。 本当に助かった。

何しろ、この事件を書きたくて、いや、絶対に書き残さねばならぬと思って、このブログを開設する事にしたのだ。
トロリー乗り過ごし事件とか、今回は色々なアクシデントがあったけれど、これほど大きな事件はないだろう。
ああ、良かった、ココまで書き進められて。
と、海実子、少々ホッとしております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

買い忘れはありませんか? (現地時間12/8)

COACHで買い物ができたので、ひとまずホッとする。
姉とかあちゃんへのお土産は決まったからだ。
後は何を買うんだっけ?

そうそう、とおちゃんにも何か買っておかないとな。
『 おまえ、走れるの? 』とかいいながら、マラソン参戦を心配してくれていたから。
とおちゃん、一応今でも仕事はしているけれど、月に5~6回しか仕事に行かないので、ビジネスシーンに使うものはもう必要ない。
もし買い与えても_128、天国へのお供になるだけだ。
COACHの隣のラルフローレンで、何かいいものはないかと探してみた。
丁度、ストライプのオックスフォードシャツがSALEとなっていた。
SALE品でなくてもいいのだけど・・・でも、丁度良く紺のストライプがあったので、それにする。
昭和一桁生まれ、何事にもオーソドックスでないと、好まない性格なもので、奇抜なものは選べないのだ。

一度店を出て、近くの店に行く。
ココでびっくり!
近くの店に行く説明を、イノさんとはるまさんにしていたのだが、すっかり間違ったことを教えていた。
DFSの出口の方向を完全に見誤っていたのだ。
ああ、私って、地図の読めない女・・・だったなあ、やっぱり。
急いではるまさんの携帯に電話するが、つながらず。留守電に入れる。
返信はなかったが、どうやら間違いには気づいてくれたようだ。_125_2

DFSのならびにあるアヴェンティーシャツへ。
アロハシャツを買いに行く。
事前に、どんなシャツが欲しいのか聞いたところ、

『 オーバーオールで
    ビンテージなの 』

さらには、
『 パイナップルの柄
   だったりするといいなぁ 』

・・・注文おおいんだよね。
はいはい、オーバーオールで、ビンテージ復刻版で、パイナップルの柄のものにしましたよー。(黒)
さらには、あなたが大好きな、フラがールのおねえさんの絵柄のものも選びましたよー。(白)
どうだ、参ったか!
・・・帰国後、なぜか黒のほうは、ジョージくんが着せられている。

さて、もう一度DFSに戻り、気になっていた商品を見に行く。
ココへ来て、自分へのお土産がない事に気づいていた。
気になっていたのは、仕事に使えるバック。
すぐに決めなかったのは、やはり値段が張ることと、今ひとつ色が気に入らなかったから。
今年はずっと、仕事が忙しくて頑張ってきたのだから、ここらで自分にご褒美を買ってもいいかな。
(ご褒美っていうのは、人からもらうものだと思うけど)
そう思って、かなり勇気を出して、買ってみたのがこれだ。
_139_1

お仕事バック by CELINE

A4サイズがしっかり入るタイプ。

軽くて持ちやすい。

ココまで来て、仕事のこと考えるなよ!!

これはホノルル空港引渡しだった。

あとは、ガックンから頼まれていたスコッチウイスキーを2本購入。
こちらは成田空港引渡し。

DFSの1階で、お土産用のナッツやクッキーを購入。
コレでほとんどのお土産は確保できた。
安心しながら、今日の買い物は終了したのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

DFSへ Go!Part2 (現地時間12/8)

トロリーに乗って、DFSへ向かう。
今日もものすごい風。
ホノルルは連日強い風が吹いている。
このまま、マラソン当日も風だったらどうしよう?
今年の荒川市民マラソンの強風を経験している我々は、一様に風を嫌う。
風だったら走りたくない! などと言い出す始末。

DFSでは、2時間半後に集合と決めて、自由行動とする。
最初、イノさんとはるまさんは一緒に買い物をしていたらしい。

私はすぐに、3回のCOACHへ向かった。
前日から一部商品が割引になるという話を、初日に聞いていた。
どの商品が割引になっているのか?

大宮のかあちゃんが、出発前にポシェット型のミニショルダーがほしいと言っていた。
『 通帳が入るサイズのヤツね! 』と力強く念を押されていた・・・。
それに匹敵するサイズのショルダーは、1種類・2色しかなかった。
婆さんにCOACH・・・海実子的には、持たせるのはイヤだったが、本人がそれで良いというので、まあいいか。

ではコレを・・・と思って、紺色をお願いすると、品切れ。
店頭に出ている現品しかないという。
ハワイまで来て、ボロボロになった現品を買って帰ってもね。
色違いのほうを飼うことにする。
割引対象商品になっていた。ラッキー☆

では、姉には何にしようか?
イノさんと同い年の姉は、イノさん同様ピンク好き。
リボン好き・フリル好き・ハート好き と 可愛いもの好きなところが似ている。
そんな姉には、ピンクの小物ポーチにした。
これも在庫がなく、展示されていた2点の現品のみ。
比較的キレイだったものを購入する事にする。
更に、がま口型の財布も。
財布に困っているわけではないが、使い分けもいいかなと思って、財布も選んだ。
これは在庫がたんまりあり、引き出しの中から紙に包まれた新品を出してくれた。

これら3点を、それぞれに箱に入れてもらうように頼んだ。
日本人はラッピング好き。丁寧にラッピングしてもらう事を好むので、従業員も心得ていると思った。
ところが、丁度良いサイズの箱がない。
ナゼだ!COACHよ!!
ふつう、もうちょっと丁度いいサイズの箱が、何種類か用意されているものじゃないか?
仕方ないので、丁度良い箱のあったがま口だけを箱入りにしてもらい、後は簡単な包装にしてもらった。
・・・ほんとうに、簡単な包装だったよ。

・・・帰国してわかったことだが。
がま口財布が、がま口ではなかった。
正確に言うと、財布ではなく、全く違った商品が入っていたのだ。
この商品だけが、在庫の引き出しの中から、完全に紙に包まれた状態で持ち出されたもので、商品の確認をしていなかったのだ。
ミニショルダーは色が違うので、色確認のために実物を見たし、ピンクの小物ポーチは現品だったので実物を見ている。
もうひとつだけ、全く疑いもせずにいたら、違った商品だったのだ。
帰国して、お土産を写真に取ろうと、そぉ~っと包装紙かをはがしたら、中身が違っていた事が解った。
それも、ピンクの小物ポーチと同型のもの。
同じものを、ふたつも(姉に)あげてどうすんのよっ!!
それも、かあちゃんへのお土産のミニショルダーと、同じ柄。
かあちゃんが、『私にちょうだい!』と言い出さないだろうか?
帰国後、ずっと悩んでいる海実子だったのでした。
_137

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪海実子の今日の朝ゴハン ハワイ編 1 ♪(現地時間12/8)

金曜日の朝は、近くの公園で朝市が開かれるということで、イノさんとはるまさんが買出しに行って来てくれた。
そこで、今夜のBBQに使う野菜と、フレッシュフルーツを購入。
朝からフルーツが食べられるなんて、シアワセ☆

_030

前夜のうちに買っておいた全粒粉のパンをトーストして、クリームチーズを塗って食べる。
前夜は、ABCストアで、パンとライオンコーヒー、ヨーグルトを買って置いた。
コンドミニアムだから、こんな朝食が用意できるのだ。
重すぎず、手軽で丁度いい感じ。

朝食でしっかり腹ごしらえし、さあ、今日のショッピングへ出かけるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぞくぞくと上陸 (現地時間12/8)

いよいよ3日目です

今日は、日本から仲間達が、続々と到着します。
昨晩のうちから、日本を発つ直前の仲間からメールが届いていました。
さまりすさんのメールでは、3人でチャット状態とか。
きっと、大阪からこられる母上と、家から来る奥方と、3人で連絡を取り合っているのだろうと想像していたら、いやいや違った。
空港へ向かう、NAさんとimusamさんとの間で、メールの応酬だったということでした。

朝8時前には、到着の報告メールが舞い込み、皆無事にホノルル入りしているようです。

さて、私達の本日の予定はというと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪海実子の今日のバンゴハン ハワイ編 2♪(現地時間12/7)

バニヤンのロビーで待っていてくれた人は・・・miepapaさんです。
はじめまして~♪

miepapaさんは、【 マシンガンズ+ONE 】(今考ええた) のメンバーであるとだひさんのご紹介。
とだひさんのJogNoteのお友達であり、多摩丘陵を走る会の仲間でもあったりする。
とだひさんから話を聞かされ、ブログやSDを覗いてみて、マシンガンズに会ってみたいと興味をもたれていたそうだ。

・・・怖いもの知らずっ。

はじめましてのご挨拶とともに、お待たせした事のお詫びを申し上げる。
初対面なのに待たせる私達って・・・。
大荷物を部屋に置き、急いでmiepapaの待つロビーへ。
イノさんリクエストの店へ向かう。

Photo_4

エビ好きのイノさんは、ココのクーポン券でエビ料理をサービスしてもらおうと考えいていた。

お陰で、立派なエビ料理をいくつも堪能できました。

_026_2 miepapaとは、出発前に何度かメールでやり取りしていたけれど、どんな方なのかな?と思っていました。
実際にお会いしてみると、腰の低いとても紳士的な方でした。
走る人は、ナゼだか直ぐに打ち解けてしまいますね。

右)海実子、非常に気に入っている写真ですが、残念ながらボケています。
気さくな兄貴と陽気な妹って感じでしょ☆

この日は、miepapaにゴチになりました。
miepapaありがとう!!

どうやら、miepapaは、お金持ちのようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アラモアナ、再び(現地時間12/7)

ピンクトロリーで、アラモアナショッピングセンターへ。
距離としてはたいしたことない。

昨日、私のイノさんは既に下見をしているが、今日ついたばかりのはるまさんは、今回はじめてのアラモアナ。
はるまさんのご希望のお店をきいてみると・・・

はるまさんは、スゴイ人なのだ。
ガイドブックに別冊としてついていたショッピングガイドの最終ページに、
自分の立ち寄りたいお店のリストを作り、貼り付けてきたのだ。
それも、一目でわかるように、場所の説明つき。
アラモアナだったら、【 海側1階 】とかね。
その上、その手作りリストは、折りたたみ式で、きちんと収納になっている。
恐るべし!はるまさん!!

そのリストに沿って、いくつかの店に立ち寄った。

前日の下調べもあり、私がここで買ったものはこれら。

_129_1 左)ショルダーバック
私が日本から持っていたバックの色違い。
ウエストポーチ風に腰からぶら下げるのもヨシ。

右上)可愛いパンダさんのミニポーチ
名古屋に嫁いだ後輩のお土産
(彼女はパンダ好き)

右下)同じくパンダさんのポーチ
ジムでの洗面道具などを入れて持ち歩く。

これらの柄は、DFSでは取り扱いがなかった。
また、事前に日本で下調べしたときも、日本国内での販売リストにはなかった。
ラッキー☆

_134

そして、紅茶専門店・ルピシアで、ハワイ限定の茶葉を買う。
これは、職場の仲良し後輩EちゃんとOさんへ。
EちゃんとOさんは、いつも仲良し食事会などでご一緒している。
他の同僚達とはちょっと別格にお土産を。

限定茶葉は数種類あったが、香りを嗅いで、あたり障りのなさそうなものをチョイス。
トロピカルなフルーツの香りがする。


買い物にすっかり夢中になってしまったが、夜の予定があるために、そろそろ戻らなくてはならない。
その後、トロリーに乗って帰ろうとするが、渋滞にあってしまいなかなか進まない。
次の予定のお相手から、携帯に電話が入る。
渋滞で遅れている旨を伝えて、バニヤンのロビーで待っていていただくようにお願いする。
そして・・・
私達がバニヤンに戻ったときには、既にバニヤンのロビーで待っていてくださったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワードで色々 (現地時間12/7)

ワードセンターは、いくつものエリアに分かれている。
広くて、詳細なガイドブックを、しっかり読み込んでおかないと、何が何だかわからなくなるだろう。

ワードに戻ったのは、イノさんがBOOKSHOPに寄る予定があったからだが、そこへ行き着くまでに、いくつかの店に立ち寄った。

スポーツシューズの店に、思わずフラフラと入っていく。
スポーツショップを見つけると、入らずには入られないようだ。
3人でバラバラに商品を見ていると、店員にはるまさんが声を掛けられた。
私は離れた場所にいたのだが、それがハッキリと、はるまさんに掛けられた声だというのがわかった。

 
日本語だったので、私にもわかるはずだ。
それに、確かにはるまさんは、とてもめずらしいシューズを履いていたのだ。
名付けて、ブラジルカラーのアディゼロ

その店の店長は、若い日本人男性で、とてもフレンドリーな方だったのだ。
店長が掛けたその一言で、我々もはるまさんのところに集まっていた。
イノさんは、シューズの事について質問し、一目で気に入ったローズピンクのランニングシューズを購入する事になった。
・・・オーソリティーで買わないでおいてよかったね。

私は、5本指ソックスについて尋ねてみた。
その店には、珍しく5本指ソックスが置いてあった。
私も日本で買って、既にはいたことのある【nijinji】というブランドのものだった。
そうだ、ホノルルにも持ってきていたっけ。
それ以外に、どこの店にはいっても、5本指ソックスって置いてないんだけど・・・。
店長の答えによると、ハワイの人は5本指ソックスをはかないんだそうだ。
靴を脱いで、5本指ソックスを見ると、笑われると言っていた。
たまーに、足袋ソックスを履く人はいるけれ・・・とも付け加えていた。

なんで!なんで なんで!!

5本指で笑っちゃう人たちが、なんで足袋ソックスなら履いちゃうの?
だって、 足袋なんだよ~???
うぅ~む、理解に苦しむ。

フレンドリーな店長と別れ、並びの店をウィンドーショッピングしていると、思わず3人で立ち止まった店があった。
キッチン用品の店。
もちろん入店。
実はココが、3人とも是非行ってみたいと思っていた
【 EXECTIVE Chef 】
だと解ったのは、店に入った後のことだった。

キッチン雑貨・生活雑貨もスポーツ用品と同じく、みているだけで楽しくなる。
そこで、ふと思い出した。

『 ずっと欲しいと思って手に入らない、
  ル・クルーゼの寸胴があったら、買ってくるかもしれないな~ 』

飛行機の中で、何気なくイノさんに話していたのだが、すっかり忘れてた。
そして・・・見つけてしまったのだ。
ル・クルーゼの寸胴鍋。 正確には、ストックポット。

真面目に悩んだ。
買って帰ろうか、どうしようか。
何しろ、日本には未入荷の製品なのだ。
買えないわけじゃないけど、なかなか見つからない。
もし買って帰るとすると、手荷物だし・・・。
$77.99。

何度も何度も行ったり来たりして、悩んで悩んで悩んだ。
でも、結果として、買わなかった。

何もハワイで、鍋買ってくることないじゃん。

そういうことに行き着いたのだ。
その代わり、ゴムヘラを2本と、ゴム製の刷毛を1本購入。
ゴムヘラは、ピンクにラメ入りのものと、パステルブルーのスコップ型。
刷毛は、たぶん灰汁取りだと思う。
どちらも、ル・クルーゼのものだが、日本には入っていない。
ラッキー☆

鍋は少々心残りだった。
でも、結果として、買わなくて良かったと思う。
あの鍋を引っさげて帰国するのは、とても大変だったと思うから。
鍋のお陰で、その後の買い物を自粛するのも悲しかったし。

EXCUTIVE Chfe を出て、BOOKSHOPによる。
ココでは、英語版花札 を探したが、残念ながら見つからなかった。

ココでの目的はほぼ果たせたので、次はアラモアナへ。
ピンクトロリーに乗って、アラモアナセンターへ移動したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツオーソリティー (現地時間12/7)

美味しいランチの後は、スポーツオーソリティーへ向かう。
日本各地にも出店している大型スポーツ店だ。
ワードセンターの隣にあるので、直ぐに見つけることができる。

ココへ来たマシンガンズ、おとなしくしていられる ワケがない!

我々3人は、元々 【 Sports Diary 】 というスポーツサイトで知り合い、スポーツを楽しむことが共通語みたいなものなのだ。

スポーツ店はお買い物天国! わ~い!!

ここでも、最も強い購買意欲を見せたのは、イノさんだった。
ランニングシューズの購入は控えたものの、結局ここで、マラソンの勝負服を購入。
それ以外にもフリーマーケットが開けるくらい、ウエア類を購入。
でっかい荷物となった。

NIKEやadidasの、日本未入荷製品がとても豊富で、色も珍しい。
鮮やかなローズピンクや、ターコイズブルーなど、日本では目にすることができない色目のものが多く、アレコレ迷った。
しかし、結局のところ、持ち合わせのものとの組み合わせを考えると、イマイチ踏み切れない。
もしコレで、CW-Xでも取り扱っていたならば、何か買っていたかも知れないけれど。
(日本のオーソリティーでは扱っています。)

結局、せっかくオーソリティーに行ったものの、何も買わずに店を出るという不甲斐ない結果に終わったのであった。Photo_2
残念・・・。
でも、何も買わなくても、見ているだけでもずいぶん楽しめる店であった。

オーソリティーを出て、ワードセンターに戻る。
その途中で、ジャンバ・ジュースに立ち寄り、ビタミン補給。
私は単純に、レモネードをオーダー。
ビタミンやら食物繊維やらを追加してくれるらしいけど、面倒でやめておいた。
それにしても、アメリカンなサイズよね。

その後、もう一度ワードセンターへ戻るのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪海実子の今日のヒルゴハン ハワイ編2 ♪(現地時間12/7)

さて、飯です。

ココも既に決めていました。
アロハパークでお友達になった、Cちゃんオススメのお店、
【 カカアコ・キッチン 】
プレートランチのお店。

何を注文するか迷いながら、量が多いので、3人で2プレートにすることにした。
イノさんの下調べでは、ビーフシチューが美味しいと言う事だったので、それを入れて。
おかずが2つつく、ミックスプレートを2つ注文する事にした。

_016_1

おかず 左から
マヒマヒ・チキン・ビーフシチュー・スペアリブ
それぞれのプレートに、御飯が2scoop、ポテトサラダが1scoopつく。
御飯は、間違いなくカリフォルニア米。
日本で、新米を一切シャットアウトしてきた海実子にとっては、
さほど気になることもなく、このお米も食べられた。
ビーフシチューはさすがに美味しい。
味付けが全体的に 甘い というのが、こちらの料理の特徴か。
昨晩のサラダのドレッシングもそうだった。

3人で2プレートで正解。
十分に美味しく頂く事ができたのでした。

_018_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ワードへ Go!(現地時間12/7)

今日の過ごし方は、日本を出る前から決まっていた。
はるまさんが到着した初日は、ワードへ行こうと。

ビクトリア・ワード・センター。
何をしにいくかといえば、もちろんショッピング。

ワードでは、まず隣接するノード・ストローム・ラック(アウトレット)を物色。
約1時間後に出口で合流する事にして自由行動。
しかし最初は、皆同じようにスポーツウエアを見ている。
その後、それぞれに行動。

_131_1 ここでは、この靴1足のみを購入。
$39.99

普段の海実子をご存知の方なら、???と思うような靴かも知れない。
こういうところに来たからこそ、普段と違ったものを買うのも良いかもしれない。

他には、ビビビっ!と来るものがなかったので、ココでは買わなかった。
購買意欲は、後半になって発揮されるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マシンガンズ 合流 (現地時間12/7)

はるまさんをコンベンションセンターに待たせているので、急いでメールを打つ。
1人見知らぬ土地で待たされる方は不安だろう。
はるまさん、すみませんでした。

アラモアナでは、無事、トロリーをおろしてもらう事ができた。
今回は、私達以外にも下車した地元民がいた。。。

そこから歩いて、コンベンションセンターへ。
昨晩と同じように、かなり強い風が吹いている。

歩いて5分くらいでコンベンションセンター到着。
ロビーのクリスマスツリーの前で待ち合わせをしていたが、はるまさんの姿はない。
見回すと、エキスポ会場から、携帯を操作しながら歩いてくるはるまさんを発見!!!

ようこそ、ハワイへ!!

これで、ようやく、マシンガンズ全員集合~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるまさんを迎えに (現地時間12/7)

ようやく、2日目です。

今日は、はるまさんが到着する。
昨日の自分達の経験から想像するに、たぶん午前8:00ごろにはコンベンションセンターに着き、8:30ごろには旅行会社の説明が終わっているだろう。
その頃を狙って、迎えに行けばいいかな。
エキスポ会場も、もう一度覗きたいし。

昨夜のうちに、イノさんとそんな話をしていた。
朝食は、こんな感じ。

_013

以前私が、上野駅の中の輸入ワインの店でみつけリッツ
前夜、ABCストアフードパントリーで見つけて、買ったものだ。
これと、ヨープレイトのライトヨーグルト
何がライトか、というと、カロリーがライト。
170gで100kcal。
大きさとしては、かなり大きなヨーグルトだが、その割にカロリーが低い。
日本でもおなじみのヨープレイトだが、これは日本ではお目にかかれない。

これらで軽い朝食をとり、コンベンションセンターへ向かう。
今日はトロリーに乗って、アラモアナまで行き、そこから歩いてコンベンションセンターに向かう事にした。
バニヤンのすぐ近くにあるバスストップは、トロリーも停まる。
JCBカードを見せれば載せてもらえる、無料のピンクトロリーに乗れば、アラモアナまでは連れて行ってくれる。
しかし、なかなかピンクトロリーがやってこない。
私は下調べが不十分だったので、他の方法が思いつかなかったが、イノさんは違った。

『 ヒロハッティ行きでもいいんだよね。 』

既にホノルルに上陸しているのに、恥ずかしい話だが、ヒロハッティがどこにあったのか、私は全然わかっていなかった。
丁度そこに来た、ヒロハッティ行きのトロリーに乗り込む。
これが、運のツキだった・・・。Photo_1

トロリーに乗り込んで、すっかりお喋りに夢中になっていると、昨日何度も見たアラモアナのサンタクロースが見えてきた。
ココで降りれば・・・と思っていたが、トロリーは全くスピードを落とさない。
道路の右折レーンにも入らないまま、道路のど真ん中を突っ走っていく。
????? あ~れ~?????

しばらく様子を見ていたが、停まる気配は全くない。
しかし、運転手はなんだか色々喋っている。。。もちろん、英語で。
何を行っているのかわからない。
席を立って、運転手のそばまで行き、話しかけようとするが、
『 座っていろ。』と言われてしまった。。。もちろん、英語で。
はい・・・。

地図を見ると、ヒロハッティははるか遠い。
うんと遠くまで連れて行かれるらしい。 あちゃ~。
しかし、今はどうする事もできない。

ヒロハッティについて、どうしようか困った。
イノさんは、せっかく着たのに(連れてきてもらったのに)、店の中に入らなくちゃ悪いんじゃないか、何か買い物をしなくちゃ悪いんじゃないかと、酷く恐縮している。
私は、そんな気は回らないまま、どうやって戻ったらいいか、ない頭を絞ってグルグルしていた。

はっ!と、思い出した。
20年前に、海外研修に行ったときのことを。

道に迷ったり、何か困ったときは、とりあえず日本語の話せる人を探そう。
日本語の話せそうな人を見つけたら、
『 Do you speak Japanese? 』 と尋ねるのだ。

誰かに言われた事があった。
『 Can you speak・・・?』と尋ねると、
『 あなた、英語が喋れないでしょう?』というニュアンスになるので、
Can you ではなく、 Do you を使えと。
それが本当に正しいかどうか、疑問を解決しないまま、上のように使っていた。

ヒロハッティで、日本語の話せそうな、日系人のように見受けられる店員さんを捕まえて、尋ねてみる。
1人目・・・『 No. 』   残念。
2人目・・・『 はい、わかりますよ。』 ラッキー!!

『 アラモアナに行きたかったのに、トロリーに乗り間違えて
  ココまで来てしまいました。
  アラモアナに行くには、どうしたらいいでしょうか?』

一気に質問。
その 店員さんは、年配の女性だったが、『 ついてきて 』と言って、店の出口に連れて行った。
そこで、トロリー乗り場に行き、
『 トロリーが着たら、それに乗って、「アラモアナ プリーズ」と言えば大丈夫だから。』
と教えてくれた。

『 アラモアナ プリーズ 』

たった、この一言を言わなかったために、アラモアナのサンタさんを見送って、はるばるヒロハッティまで連れてこられてしまったのだ。
はぁ~、英語の必要性を、またまた感じてしまった2日目。

しばらくすると、トロリーがやってきた。
もう大丈夫!
そう確信した私とイノさんは、トロリーに乗り込むと、先ほどのことはなかったかのように、またも元気に話し始めたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悪魔がやってきた・・・(現地時間12/6)

バンゴハンから帰る途中、ABCストアで買い物をする。
翌朝の朝食などを買出し。
その頃、私のカラダに異変が起こり始めていた。

おなかが、痛いのだ。

(またも尾籠な話で申し訳ない)
出かける前に飲んだ、薬が効いてきたらしい。
その痛みは、だんだんと強くなってくる。
バニヤンに戻ってからも、かなり長い時間苦しんだ。
この薬、緩やかに効くんじゃなかったの?
痛くて痛くて、本当に苦しかった。
まだ経験した事のないフルマラソンを想像し、今の痛みと一体どっちが苦しいんだろう?などと考えたりした。
きっと、今の痛み以上に苦しい事はないだろう、そんなことを思いながら。
遠くハワイに着てまで、なんでこんな苦しい思いをしているんだろう、そんなことを思いながら。
ああ、そうして、初日の夜はふけていくのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪海実子の今日のバンゴハン・ハワイ編1♪(現地時間12/6)

さて、陽もどっぷりとくれて、ようやく宿泊先に入ったというのに、2人はまた出かけることになる。

晩飯だ~!!!

今日は、エビ好きのイノさんのリクエストで、
【 ババガンプ・シュリンプ 】へ行く事にしていた。
場所は、アラモアナショッピングセンター内。
・・・さっき行って来たところへ、もう一度戻るのだ。
先ほど、店の場所も確認済み。

お店は、確かに建物の中にあるのだが、案内されたテーブルは、テラス席のような、外に面した場所。
その日は、とても風が強くて、食事中も何度もテーブルの上のものが飛ばされそうになった。
そんな中、注文したのが、コレ!

_010 _011

直径25センチくらいあるサラダボール一杯のサラダ。
イノさんが大好きなアボガドと、グリルした鶏肉がのっていた。
右は、エビ・イカ・マヒマヒ(白身魚)のから揚げ。
レモンをかけて、さっぱりとたべることができた。

食べ終わって困ったのは・・・またもお金の払い方。
担当してくれたウエイターのおにいさんが、英語で何だか色々言っていたのだけど、ふんふんとわかったようなフリをして聞き流していた。
会計をすることになって、店の出口に向かうと・・・
どこにでもあるような、レジがない・・・。
レジがないって・・・どこで会計するの?
イノさんが、その辺にいた店員さんを捕まえて、会計表を渡すと、なぜか直ぐに会計してくれない。
何だか慌てた雰囲気。
?????????
なになに?
すると、店の奥から、担当のウエイターのおにいさんがやってきた。
どうも、彼に会計を頼む方式だったらしい。

だって、あんた、どこにもいなかったじゃないよー!!

その上、なんだか、また英語で、やたらと何かを話しかける。

わかんなーい!!

すると彼は諦めて、オッケー、サンキューだって。
だったら、最初から、それでいいじゃん。

・・・やっぱり、英語を話せるほうが、いいみたい。
滞在1日目にして、英語の必要性を強く感じた日でありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

in The Room

今回の滞在先は、コンドミニアム。
キッチンがついていて、ベッドもきちんと2つ。
ちょっとした料理ができるし、部屋も広い。
ある意味、ホテルよりも居心地いいかも。

今日は、イノさんと2人なので、部屋もかなり広く感じる。
のんびり過ごすには、とてもよい広さだ。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

ホノルルへ来る前から気になっていたことがひとつ。
おなかの調子。
(尾籠な話で申し訳ない)

今ひとつ、通りが良くない。
前日は、不発だった。
このまま、ホノルル入りするのはイヤだったのだが、仕方ない。
ホノルルに着いて、ABCストアで、チョコレート型の薬を買った。
ガイドブックに載っていたもので、1片が1センチ×0.5センチくらいの小さなかけら。
それを、2~3片食べると、ゆっくりと効いてくる、と書いてあった。
なので、コンドミニアムに着いて、それを2片食べてみた。
ゆっくり効く、というところに安心して。

そして、夕飯を食べに、もう一度街へ出て行くのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リゾートクエスト アット ザ ワイキキバニヤン

ようやく、ホテルに着いたときには、外は暗くなっていました。
宿泊先は、ワイキキバニヤン。
コンドミニアムです。
キッチンつきで、照明も比較的明るく、落ち着ける雰囲気の部屋でした。
窓からは、ワイキキビーチが見えます。

ココで5泊、過ごすわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが ワイキキビーチ だっ!!(現地時間12/6)

_007_1

_008_1 _009_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DFSへ Go!!(現地時間12/6)

ゼッケンピックアップが終わっても、まだホテルには向かえない。
チェックインは15:30。
そこで、DFSへ向かう事にした。

コンベンションセンターからは、DFSへの無料送迎バスが出ていたので、それに乗っていくことにする。

DFSでは、何度もアロハカードの提示をしなくてはならなかった。
アロハカードとは、お買い物カードのこと。
免税で買い物ができるという証明書で、ウチのツアーではそれをアロハカードと名付けていた。

入っていきなり1階で、ナッツやらチョコレートやらに出会ってしまったため、そこでしばし盛り上がる。
イノさんが、現地携帯電話をレンタルするため、隣のギャラリアタワーに立ち寄り、再度免税品売り場に向かう。
3階の免税品売り場では、バッグや衣料品を扱っていた。
そこで、またもLeSportsac に出会う。
しかし、残念ながら、先ほど私が物色したデザインのものが全くない。
お店の方に尋ねてみると、直営店限定品や、免税店限定品などがあり、取り扱いのできない商品もあるとのこと。
残念だが、ココでは私の買い物欲は満たされそうにない。

ところが、だ。
イノさんは、ココで大きな買い物をする。
お土産用や自分の使うバッグなど、全部で5~6品購入したのではなかろうか。
大きなボストンバックも購入して、大きな荷物になった。

さて、そろそろホテルへ向かった方がよさそうだ。
ココからは、ホテルまで、歩いて向かう事にする。
しかし、真直ぐには向かえない。
あっちへ寄り、こっちへ寄り・・・寄り道しながら日没まで、外をウロウロしていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼッケンピックアップ(現地時間12/6)

コンベンションセンターでは、12時からゼッケンの引渡しが始まっていた。
実は、アラモアナセンターとコンベンションセンターは割りと近くて、一本道でつながっている。
我々は、その周辺をぐるりとひと回りしたような感じだった。

コンベンションセンター1階で、ゼッケンを貰おうとすると・・・
きゃ~、すごい人だ~。
引換券を持っているかどうかのチェックが厳しく、なかなか中へ入れなかった。

ようやく中へ入って、22000番台のテーブルへ。
赤い帽子と赤い服を着たら、サンタクロースになれそうなおじさんが、ゼッケン番号を照らし合わせて探してくれる。
あった。
おじさんは、極上の笑顔で

『 Good luck ☆ 』

と言って握手をしてくれた。
このとき、本当に嬉しくて、じ~んときた。
初めてのフルマラソンを、こうやってサポートしてくれる人が、ハワイにはあふれるほど大勢いる。
なんてありがたいことだろう。

受け取った、ゼッケン入りの封筒には、チャンピョンチップも入っている。
その登録内容が合っているかの確認を受け、受け取りエリアを出ると・・・
そこは、ナイキブースの中だった。

ナイキブースでは、フルマラソンのペースカリキュレーターを作ってもらった。
ウソ言って、サバ読んで、5時間半で完走するカリキュレーター。
どうせ自分には不要だわ・・・と思っていたが、実際に走ったときには、実はコレが途中までとても役立った。
5時間半のペースがどのくらいだかわかったし、どのくらいの貯金があるか、などの計算もするようになった。

ナイキブースでは、どうしてもGET!したいものがあった。
ホノルルマラソン記念の腕時計だ。
売り場のおねえさんをつかまえて、実物を見せてもらう。
どんな特徴があり、どんな事ができるのか、おねえさんは丁寧に説明してくれるが、そんな話、聞いちゃあいない。
話のキリのいいところで、おねえさんに告げる。

『 じゃあ、これ、ください。ふたっつ!』

ふたつというのは、大小ふたつのモデルがでていたので、それを各ひとつずつ、ということだ。
ナイキで買ったものは、コレだけ。
他のものは、よさそうにみえても今ひとつ。
まだ、ホノルル初日なんだから、散財するなと自分にブレーキをかけていたかも。

その後、DCカードのブースへ行き、カッパとたぬきとの記念撮影。
・・・私のカメラには写真が残っていないので、イノさんのカメラだったか?
くじを引いたら、『 一等で~す!』と言われて、カッパとたぬきのイラストのタオルを貰った。
同じタオルを、ホノルルのレース中に使っている人がいて驚いた。

アミノバリューのブースで、アミノバリューを飲み、ツアー会社のブースでは、ニックネームゼッケンを貰った。
そのニックネームゼッケンをつけて走ると、レース中に沿道で応援するツアースタッフが、ニックネームを読んで応援してくれると言うものだ。

【 MIMIKO 】

前後に2枚つける予定で、ゼッケンを書いた。
コレのお陰で、レース中には多くの方から、
『 MIMIKOさ~ん、がんばれ~!!』 
と声を掛けていただいたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ、アラモアナ!(現地時間12/6)

*** まず 初めに ***

ホノルル滞在1日目が長くありませんか・・・というご指摘を受けた。
たしかに・・・。
しかし、実は既に、かなり記憶が曖昧で、無理してひねり出しているような状態である。
この後、最も大事なマラソンの話しになると、7時間もかけて戻ってきたのに、途中の記憶が全くないので、記事になるかどうかわからない。
なので、ココで思いっきりひっぱていたりするわけである。

*** では 本編へ ***

無事、ワイラナコーヒーショップ・・・正しくは、ワイラナコーヒーハウスなのだが・・・で会計を済ませ、外に出た。
次に目指すは、当然!
ショッピング天国、アラモアナショッピングセンター!!

今回のホノルル滞在中に、我々はかなりの場所を徒歩で移動している。
地図があって、方角さえわかれば、自分の足で行き着くことはできるものだ。

そう、自分の足であるからこそ行き着けるのだ。
自分の足でなかったがために、行くはずではないところへ行ってしまうような事件も、この後起こってしまうのだが。

アラモアナセンターについて、まず目に入ったのは LeSportsac。
可愛いピンクの柄物バッグが、ウインドウに並んでいた。
思わず店内に入らずには入られない・・・ワクワク。
そこで目にしたものは・・・が~ん。

私が、今回のハワイ行きに向けて購入した、日本限定バッグ(ショルダー)の色違いが売られていた。
それも、こっちの方が、カワイイ・・・。
そのときは、ショルダーは持っていなかったのだが、とっても悔しい気持ちだった。

その日は何も購入せず、後日お土産用に購入するものの物色のみとなった。

その後、アラモアナセンター内のCOACHショップで、金額調査などをし、ウロウロ歩き回る。
困ったのはトイレだった。
店内の案内図(日本語版)に、隣接するメイシーズの店内にトイレがあると表示されていたのに、メイシーズではトイレを見つけることができなかったのだ。
仕方なく、アラモアナセンターの白木屋に入り、トイレを探す。
異国の地でトイレ探しに奔走するとは・・・ちと意外。

白木屋では不思議な光景を見る。
箱詰めの、いわゆる贈答品が所狭しと置かれていたのだが、その商品が、日本のお歳暮に使われるような品物ばかり。
うどん・蕎麦の詰め合わせセットとか。
ヨックモックのクッキー詰め合わせとか。
ハワイの日系人は、お歳暮を送ったりするのだろうか?

そして、こんなものも発見。
海実子大好物の 【 鎌倉山納豆 】。
まさか、ハワイで鎌倉山の納豆に出会えるとはね~。
買って帰りたかったけど、わざわざハワイで納豆を食べなくても・・・と思ってやめておいた。
(色々納豆は食べたけど、鎌倉山は海実子ランキングでは1位です)

後はどこを回ったっけ???
忘れてしまいました~。イノさんに聞いてください。

もう既に12時を過ぎていたので、コンベンションセンターへ、大事な物をとりに戻る事にしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイラナコーヒーショップへ (現地時間12/6)

出発前、ワッフルかパンケーキかでかなり悩んだ。
皆にメールが回って、どちらがいいかなんて話で盛り上がったりもした。
私は元々、ワッフルが大好きだったので、是非食べてみたいと思っていたが、もう一軒のパンケーキもかなり気になっていた。
一日遅れで到着するはるまさんと合流してから、パンケーキに行く事にして、今回はワッフルを食べに行く!

コンベンションセンター前で、地図を広げて どっちだ???
私もイノさんも、地図の読めない女 でした。

どうやら方向がわかり、歩き出すと、かなりまぶしい日差し。
やっぱりハワイは違うよね~。
ワイのワイのワイの・・・
たった2人なのに、3~4人で喋ってるくらい賑やかだったと思う。

途中で、もう一軒のパンケーキ屋を発見。 _002
でも、今日の目的地はココじゃないのだ。
パンケーキやの前で、フリーペーパーのスタンドを発見。
イノさんたら、抱えるほどたくさんのフリーペーパーをゲット。
コレが後で、役立つときも来るんだけど。

イノさんが、前回ハワイを訪れたときに立ち寄ったという
【 TODAI 】 というお店を過ぎて、次の角が【 ワイラナコーヒーショップ 】
既に朝ごはんの時間としては遅いと思うが、結構込んでいて少々待たされた。

席に案内されると、日本語で書かれたメニューが出される。
ワッフルを食べようと意気込んできたのだが、メニューを見てしまうと、アレコレ悩む。
結局、パインの入ったパンケーキと、ベーシックなワッフルを頼みシェアする事にした。
飲み物は、アイリッシュコーヒー。

ウェイトレスは眼鏡をかけたオバちゃんで、オススメメニューの説明などをしてくれる。
我々はそれにかまわず、自分達の目指すものを注文する・・・。
英語は話せないから、メニューを指差してオーダー。
コレが一番確実よ。

どちらも、生地がしょっぱかった。
たぶん、現地の人たちは、たーっぷりシロップをかけて食べるんだろう。
そうすれば、生地のしょっぱさも生きてくると思う。
ケーキはきたけど、なかなかコーヒーが出てこない。
さっきのオバちゃんを手招きして、
『 コーヒープリーズ♪ 』とにこやかに訴えると、オバちゃん肩をすくめて慌てていた。
『 ゴメンね 』というジェスチャーとともに、急いでコーヒーを持ってきてくれたが、それがとってもチャーミングだった。
コーヒーは、くどくなく苦くなく、海実子的にはとても美味しかった。

さて、ココで困った事が。
食べ終わって席を経ちたいのだが、会計表が来ていない。
それを英語でどうやって伝えたらいいのかが?????

イノさんが、思い切って
『 チェック、チェック!』と言ったら、相手は理解してくれた。
メニューが日本語だからといって安心してはならんのだ。
この先、同じような事が何度となくあるのでした。

_003_1  _004_5

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハワイコンベンションセンター (現地時間12/6)

ハワイコンベンションセンターに着くと、2階に案内された。
大きな会議場に、机と椅子が無数に用意されていて、最前列へ進むように促される。
端から順に座っていき、全部で20名足らずだった。
コレが、今回初の説明会に参加するメンバーだった。

まず、ツアーコーチのご挨拶。
マラソンスタッフの紹介。
現地係員からの注意説明と続く。
お土産のまとめ買いだの、オプショナルツアーだの、そんな話をしばらく聞いて、解散。

・・・大事なゼッケンのピックアップは、12時からなのでまだ受け取れない。
それまでの間は、自由行動となった・・・

つまり。   放り出されたのだ。  きゃ~!!!!!

そのとき、午前9時過ぎ。
12時までどうやって過ごすか。
当然、腹ごしらえだ!!
目指す先は、『 ワイラナコーヒーショップ 』
ワッフルがとても美味しい店として有名らしい。
地図を見れば、ココから歩いてでも十分に行ける距離。
イノさんと私は、一路ワッフルを目指して、歩き出したのでした。

_001_1

コンベンションセンター前の銅像

あなたは、だれ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイ上陸・2 (現地時間12/6)

空港ロビーから外へ出て、ツアー会社ののぼりを探す。
そこで、トランクを預ける。
トランクは、先にホテルへ届けてくれるのだ。

そして我々は、ハワイコンベンションセンターへ向かうため、ツアー会社のバス乗り場へと移動。
名前をチェックし、しばらくの間待たされる。
後続便の飛行機の到着を待つのだろう。
待っている間、携帯電話を国際仕様に変更・・・レンタルの携帯にFOMAカードを差し替える。
更に、ホノルルで連絡を取る仲間達の携帯番号とアドレスと登録。
そんなことをしているうちに、バスに乗り込む時間となる。

ハイウェイでワイキキ方面へ向かう。
その時間は通勤ラッシュ時間と重なり、ハイウェイは渋滞となる。
隣に止まった車では、お母さんが運転する隣で、小学生らしい女の子が朝ごはんを食べている。
学校まで送って行って貰うのだろう。
・・・よく食べるな、この子・・・

そういえば、ハイウェイを走る車には、日本車が多かった気がする。

どのくらい走ったか、良く憶えていないけれど、ようやくハワイコンベンションセンターに到着。
これから、ツアー会社の説明会に参加することになるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイ上陸 (現地時間12/6)

ホノルル国際空港に着陸したのは、午前7時近かったと思う。
ホノルル上空は曇りで、まぶしい日の出を拝む事はできなかった。
『 ああ、とだひさんに自慢できない・・・』
そんなことを思いながら、風景を見ていた。

ふと気づくと、建物の中に電気がついていない・・・。
そりゃそうだ。
こんな早い到着便のために、コウコウと灯りをつけているわけがない。
必要最低限の施設にだけ、電気をつけているようだ。

飛行機を降りて、入国審査へ進むと、やっぱりそこはハワイアン。
木目調の材を使ってある。
施設係員も、アロハで 『 アロハ~♪ 』 とお出迎え。

入国審査を受けるとき、左右人差し指の指紋をとられた。
(はるまさんのブログ参照)
このとき、指が乾燥して、なかなか指紋が取れない。
紙をめくるときに指につける、のり 見たいな物をつけても、指紋が写らない。

・・・私の指が悪いんじゃなくて、モニターが汚れてんじゃないの?

思わず、そう言いたい気持ちになったが、残念、英語が喋れないのだ。

この入国審査官、マニュアルどおりの日本語で質問してくる。
『 タイザイノモクテキハナンデスカァ? 』
『 ナンニチカンタイザイシマスカァ? 』
こちらも、ミョーに変な英語で返したりするから、トンチンカンな会話になっていたと思う。

無事、審査終了。
私の後から、イノさんが審査を受けたが、とっても順調に終了。
荷物の受け取り口に向かう。

このときのために、トランクを新調したのだ!!S2_012003000010

たくさんのトランクの中でも目立つように、黄緑色を購入。
この子が出てくるのを待っていると・・・一発で発見!!!
コレで、正解!

荷物をガラガラ引いて、最終チェックを受けて、扉の外へ出ると、
もうそこはハワイアンだったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機の中で

時差ボケにならないためには、飛行機の中で寝ること。

そう言われてきたけれど、

寝られるわけ ないじゃん!!

だって、私とイノさんの2人旅なのよ?

私達、  マシンガンズ なのよ。

片方が寝ちゃったら、一人で喋るわけに行かないじゃない。

ということで、最初はお喋り炸裂。

直ぐにドリンクサービスだったのだが、2人で

【 リゾッチャカクテル 】を頼む。

気分よく、夕飯へ突入。

東京 → ホノルル ルートの夕飯のメニューは二種類

洋食:ペンネミートソースグラタン

和食:チキンビビンバ

イノさんは洋食を、私は和食を所望した。

ところが、スッチャデスのおねえさんが、ちぃーとばかり気が利かなかったんだな。

そのおねえさんが担当していたカートには、洋食がひとつしか残っていなかったのだ。

ところが、イノさんの隣に座っていた女性も、洋食を希望した。

そこで、そのスッチャデスのお姉さんは、イノさんに向かって

『 どうしても洋食がよろしいですよね。』と聞いたのだ。

もうちょっと、聞き方を考えればいいのに・・・。

『 洋食が不足してしまいましたので、和食でもよろしいでしょうか? 』とか。

【よろしいですよね】って念をおしたって、ブツはないんでしょう?

イノさんの隣に座っていた女性がすぐに、和食でもいいですよ と言ってくれたので、すんなりと運んだが、ちょっと変だったよね。

それに、後ろのカートに洋食が残っていたのだから、最初からそっちに聞けばよかったのに。

しかたないかな、エコノミークラスだから。

食事も終え、お休みタイムに突入。

ホノルルまで6時間ちょっとのフライトで、結局寝られたのは2時間足らず。

着陸1時間前には、軽食としてデニッシュが振舞われたが、私はパスした。

だって・・・日本時間に直したら、午前1時くらいだ。

そんな時間に食べたら、翌日からの胃に自信がもてない。

今、このデニッシュを味わうよりも、明日からのハワイを満喫する方を私は選んだのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

出発前・4(12/6)

1時間半近くも余っているので、免税店などを覗いて回る。

自分達の飛行機の搭乗時間を写真に撮ったりしながら、最後はロビーのベンチに座り、メールチェック。

何となく、ハワイに行くって言う気持ちが盛り上がってこないな~?

Photo

(イノさんから写真拝借)

そのうちに、後ろの方で人だかりができて、何だか賑やかに。

『 ジャン~☆☆☆』なんていう黄色い声が聞こえていたけれど、あれは誰?

あとで聞いたら、FC東京の選手が国へ帰るのを見送りに来ていた団体だったとか。

その団体さんをかきわけ、我々も搭乗手続きに入る。

荷物チェックを無事クリアし、搭乗ゲートへ。

18:30発のはずなのに、時間になっても搭乗口が開かない・・・。

なんでも、機材の積み込みが遅れているとか何とか・・・。

まあ、いいよ、ココまで来れば、ハワイへ行けないなんていうトラブルはたぶん起こらないだろうから。

18:30過ぎ、ようやく登場口が開く。

飛行機に乗り込んで、ようやく気持ちが盛り上がってきた。

イヨイヨ、ハワイへ行けるのね~♪

ところが今度は、出発ラッシュにつかまって、なかなか離陸の順番がやってこないらしい。

結局のところ、離陸したのは19時をはるかに超えていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発前・3(12/6)

我々が乗る飛行機は、JALウェイズなので、第2空港ターミナルで京成線を下りる。

改札を出ると、直ぐにJALのチェックインカウンターがあった。

どこでどうすればいいのかわからなかったのだが、ココでチェックインしてしまえばあとがラク、そう考えた我々は、ココでチェックインを行う事にした。

更に、イノさんは JALカード を作ってマイレージを貯める事にしていた。これもココで操作できるのだ。ふぅ~ン、便利やね~。

ターミナルビルに入ると、今度は荷物を預ける事になるのだが・・・ココが全く不便だったのだ。

まず、ツアー会社のカウンターに行くと、既にチェックインを終わらせているので、荷物を預けにあっちへ行けと言う。

言われたとおりに荷物を預けに行くと、ロープが張られてそこへは入れない。

質問して、あっちへ回って、また質問して、あっちへ回って・・・。

そんなことの繰り返し。

いくら国際社会になったからって、私みたいに海外旅行が約20年振り、なんていうのもいるんだから、もうちっとわかりやすくしてくれないだろうかね。

それにね、あのビル内のアナウンス、あれは何とかなりませんか?

聞き辛いと思いませんか?

もう少し、音響システムを工夫できないかな~?

常に耳をダンボにして聞いてなくっちゃいけないんだもの、不便だわ。

そんなことを言いながら、搭乗手続きは18:00開始ということで、まだ1時間半も残っているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発前・2(12/6)

上野駅に、午後1時過ぎに到着。

一緒に行くイノさんが乗った新幹線が到着するのは、1:18。

はぐれないように、中央改札口で待ち合わせ。

イノさんも時間通りに到着。

まずは腹ごしらえ、ということで、上野駅ビル・アトレ内にある中華料理【 上海バール 】へと向かう。

昼間に来たことがなかったので、ランチメニューを知らなかったのだが、私がオススメの【 げんこつ肉の真っ黒酢豚 】は夜のメニューにしかなかったのだ・・・残念。

変わりに、スペアリブの真っ黒酢豚があったので、それを注文。

まあまあかな・・・だって、スペアリブだと、お肉が食べ辛いもんね。

まだ時間に余裕があったので、同じくアトレ内のスタバでしばし休憩。

ここから成田空港までは、京成線の特急を利用する予定。

京成線なら全席指定のスカイライナーがあるが、京成上野駅は始発なので、指定席を取らなくても、座っていけるだろうということで。

予定していた電車より、1本早い特急に乗れそうなので、ころあいを見て店を出る。

その前に、コインロッカーからトランクを出してきて・・・っと。

予想通り、京成線は空いていて、ゆったり座っていく事ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発前(12/6)

12月6日(水曜日)ホノルルに出発する日。

午前中は仕事のため、いつもよりかなり早く家を出る。

大きなトランクは、出勤ラッシュには迷惑をかけるので、上野駅のコインロッカーに預ける。

勤務は、午後0:15分まで。

正直、仕事なんかやってる気分じゃない。

もう、内心、ホノルルモードのスイッチが入りそうになっているが、平成を装い勤務する。

ところが~!!!

普段起こりもしない事件が、こんなときに限って勃発!!

業務システムのダウンのため、トラブルが発生したのだ!!

何で!何で何でぇ~!?

新しいシステムを導入して半年、こんな事起こったことないのに、何でこの日に限って起こるわけ~???

原因は、サーバー直結のホストコンピュータのシステムガイドが消えていた、ということだったけれど、誰が消したんじゃ!?

昨日最後に使ったのは誰だ!?!?

そんなことを言っても仕方ない。

何事もなかったかのような顔をして、黙々とトラブル解決に動かなければならない。

ああ、びっくりした。

何とか30分で解決したけれど、後遺症を引きずっているので後が心配。

案の定、問い合わせの電話が何件か入ったが、事情説明で勘弁してくれた、ホッ。

時間延長で、0:30分過ぎ終業。

同僚達に別れを告げ、待ち合わせの上野駅へと向かうのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ開設宣言!

はじめまして。海実子(みみこ)でございます。

先日、ホノルルマラソン2006で、フルマラソンデヴューいたしました。

思わぬ出来事の連発で、ツアー最終日のマラソンまで、無事辿り着けるのだろうか???

そんな心配もありましたが、何とか完走(完歩?)してきました。

マラソンを含め、ホノルル滞在中の珍道中を、限定版でブログにすることにしました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年1月 »