« レース編・・・揚々 | トップページ | レース編・・・打撃 »

レース編・・・苦痛

11マイルのところでハイウェイに入る。片道7キロのハイウェイ走行。
ココでは復路の選手とすれ違えるので、中央線沿いを走る。
しばらく走ると、長谷川理恵とすれ違う。
でも、誰も気づかなかったようで、掛け声はない。
3時間半を目指す人とはココですれ違えるかと思ったけれど、誰とも会うことができなかった。

この頃、つま先に違和感を覚えていた。
右足小指の先に痛みがある・・・マメだ。
新品の靴下を履いたがそれがいけなかったか?
今まで10キロ以上は知っても、マメができたことはなかったので、安易に考えすぎたか。
そのうちに、腿が痛くなってきた・・・と思ったら、左の股関節に痛みが出た。
股関節から大腿の上部2/3くらいた攣りそうになる。
『 私も攣り地獄か??? 』
そんなことを考えながら進む。
やっぱり無理はあかんよね。
そう思いながら、ストレッチをしたりして、何とか回復を図ったが、
ほぼ半分の14マイル手前で、とうとう走れなくなった。

仕方ない、歩いていこう。
走れなくなったのは、マメのせいもあるし、股関節を初め足中が痛くなったから。
これは、自分の体重を支えながら前へ走る、という動作をし続けられない
そのくらいの筋力しかなかった、ということだ。
コレを何とかしなくては、フルマラソンを走りきることはできない、ということだ。
そういう脚だと、歩き出してからでも状況は変わらず、速く歩く事はできない。
脚を前に出して、体重を支えるということができないのだ。

対向には復路の参加者が走っている。
走っている人もいるのに、
   
自分は走れないと言う辛さ。
こんな辛さってあるのかと、初めて知った。
どうせなら、走って通りたいと、初めて知ったのだ。
不思議、そんな気持ちってわいてくるものなんだ

|

« レース編・・・揚々 | トップページ | レース編・・・打撃 »

コメント

私が去年ホノルルに出た時、同様に股関節が痛みました。ゴールした後も上半身は元気なのに足全体が痛くて痛くて。その時次(今年)走る時にいたいのだけは絶対嫌だと思ったのを覚えています。
「走って通りたい」この時の気持ちが次へのバネになると思います。だからマラソンってやめられないんですよね~

投稿: NA | 2006/12/28 23:36

★ NAさま ★

本当に! 上半身は元気なのに!って、その通り。
だから、お喋りはできるのよ☆
上半身は、走っているときの方が辛かったです。
首の付け根がかなり凝ったし、腕の付け根から脇の下までも懲りましたね。
走り終わったときには忘れちゃってましたけど。

もう、次に走るときは、この股関節の痛みはイヤ!です。
それを乗り越えて、タイムも上げたNAさんを見てしまったのだから、私もそれを見習わないと。

投稿: 海実子 | 2006/12/30 13:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198038/13212759

この記事へのトラックバック一覧です: レース編・・・苦痛:

« レース編・・・揚々 | トップページ | レース編・・・打撃 »