« ☆バニヤンナイト☆ (現地時間12/8) | トップページ | ♪ バニヤンナイト 参加者の面々 ♪ »

番外:ハワイと日本のキッチン事情

自炊のできる女が3人。マシンガンズのことだが。
この3人をもってしても、今回の料理には多少困った事があった。
キッチン用品の企画が、若干日本と違うのだ。

まず、炊飯器。
計量カップがついていなかったことは、☆バニヤンナイト☆のなかでも触れたが、カップの容量がどうも違うらしい。
以前、何かの本で読んだ事を思い出した。
日本では1カップが200cc、米については1合(180cc)というのが基準だが、アメリカでは1カップが200cc以上あるらしい。(定かではないが)
なので、炊飯器の水の量を決めるとき、とても困った。
炊飯器にも、水の目盛がついていなかった。
さらに、鍋で米を炊くときにも、水量を決めるのに困った。
『 水は米の2.2倍 』なんて言っても、米は研いじゃった後だし。

それから、換気扇。
そこにスイッチがあるのかわからず困った。

そして、電気コンロ&オーブン。
電気コンロは、電熱線が蚊取り線香のように渦巻いているのだが、どのツマミがどのコンロのものなのかがよくわからず。
つまみのところの印字が、薄くかすれてしまっていた。
また、どれが火力が強いのかもわからない。
ガスコンロのように、火が見えているわけではなく、電熱線が熱くなってくるまでには時間がかかるのだ。
オーブンに至っては、遣い方が全くわからなかった。
室内でのパーティーに変更したため、肉を一気にオーブンで焼きたかったのだが、遣い方がわからずに困っていた。
オーブンは、コンロの下にビルトインされているタイプ。

そこへ救世主。
現地在住のpumelaniさんが到着。
ちゃちゃっとオーブンのスイッチを入れてくれたのだ。

でかくてアメリカンなキッチンは、日本人には憧れだが、遣い方がわからないとどうにもならない。
今回遣い方がわかったので、ちょっと自信がついた海実子なのでした。

|

« ☆バニヤンナイト☆ (現地時間12/8) | トップページ | ♪ バニヤンナイト 参加者の面々 ♪ »

コメント

ほんとすっかり上げ膳据え膳でご馳走になってしまって、楽しかったわあ~!Inoさんのチュー攻撃にはたじたじだったけど。。。 アメリカに住んで、13年!あんな強烈なチュー攻撃にあったことは、未だかつてありませんでした。未知との遭遇?

私も最初にハワイに来て、コンドを借りたときに、洗濯機の使い方が分からなくて、管理人さんに、手取り足とリ教えてもらいました。。。

投稿: pumelani | 2006/12/22 06:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198038/13156635

この記事へのトラックバック一覧です: 番外:ハワイと日本のキッチン事情:

« ☆バニヤンナイト☆ (現地時間12/8) | トップページ | ♪ バニヤンナイト 参加者の面々 ♪ »