« 室内改造計画:2 | トップページ | 雨の表参道 »

室内改造計画:3

昨晩、鶴瓶の番組に、俳優の香川照之が出ていた。
素の香川照之、というか、香川照之がトーク番組に出ているのを見るのはかなり久しぶりで、そのマシンガンぶりに大笑いした。
もともと、好きな俳優であったので、興味を持って観られたのかもしれない。

気になっていた映画、『剣岳』を観にいこうか、という気になっていた。

今日、キッチンの片付けの合間に、たまたまテレビをつけたら、またもや香川照之がマシンガンで喋っていた。
そうだ、剣岳を観にいこうかと思ってたんだっけなー。
そう思い出した。

調べてみると、一番近い映画館はJR王子駅。
最寄のバス停からバスに乗ると、王子駅に停まるし、帰りは走ってくればいいかな・・・などと考えながら、最終回の上映に行こうか、と考え出した。

私が、映画館で映画を観る、ということは、とても珍しい。
姉が聞いたら、「ふぇっ!?!?」と驚くに違いない。
そのくらい、映画館には行かない。
映画館は、キライなのだ。

しかし今回は、何となく「行っておかなきゃ」という気がしていて、タイミングよく番組を観てしまったものだから、気持ちもかなり入ってきた。

昼食が、16時過ぎと中途半端に遅く(昼寝をしたから)、夕飯は遅くなっても大丈夫そうだったので、更に映画に行く気持ちは高まった。
しかし、結局行けなかった。
出かける時間が近づいてきて、ふと、気付いてしまったのだ。
・・・汗臭い。
日中、片付けに汗をかいてしまった。
そのまま昼寝をしてしまった。
汗を流さなきゃ、外には出られない。
でも、シャワーを浴びてる時間はない。
盛り上がっていた気持ちは、シュンと潰れてしまった。
まあ、明日でもいいや。そう思いなおした。

じゃあ、お風呂に入ろうかなっ!!
そう思いながらテレビのチャンネルを変えると、キムタクドラマが間のなく始まるという。
そうだ、これも、観ようかなーと思いつつ、何週も見ていなかった。
今週は観よう、と、テレビの前に座り込んだ。

観始めてしばらくして、電話が鳴った。
ナンバーディスプレイには、知らない電話番号が表示された。

いつもならここで、電話には出ない。
用件があるなら、留守電に残すはずだし、セールスの電話なら、留守電に切り替わったところで相手が切ってしまう。
留守電にメッセージを残し始めた相手の声を聞いてから、受話器を取っても遅くない。
いつもはそういうふうにして、知らない番号の電話には出ないのだが・・・。

今日は何となく、受話器を取った。
相手は、キッチンキャビネットを依頼したメーカーだった。

午前中に、連絡が中途半端になっていたことを反省して、電話連絡の都合の良い日時を、いくつかメールで伝えていた。
その日時でよいか連絡ください、としていたのだが、メールの返信はなかった。
忙しい業者のようなので、明日なのかな?と思っていた。
ところが、今晩のうちに、電話で連絡が来たのだ。

映画に行っていたら、お風呂に入っていたら、この電話には出られなかった。
先方も、メールの返信はしなかったけれど、いれば話が出来るかと思って掛けてきたらしい。
偶然が重なって、直接話をすることができた。

話の内容は、予算のこともあったけれど、実際にこちらに出向いて設置場所と詳細の打ち合わせをする、その日程のことだった。

こちらに出向いて、計測をしてからパソコンでグラフィックにしてみせてくれる。
素材と予算の相談をして、OKなら作成に取り掛かる。
もう、話はどんどんと進むことになる。

*~*~*~*~*

Photo_4

Photo_5

これが、件の食器棚である。

Photo_6

このように、奥行きは30cmない。
食器棚というよりは、飾り棚に近いのかもしれない。
残念ながら、コレをこのまま使い続けるスペースは、他にはない。
御役御免となってしまったら廃棄するしかない。
だれか、養子として請け負ってくれる人がいれば・・・。

Photo_7

隣に置いてあるワゴン。
一番したの段は、カゴに入った弁当箱やエプロン、水筒など。
その上に、事の発端となったオーブントースター。
右側は冷蔵庫。
本来の冷蔵庫スペースより幅が狭い冷蔵庫なので、後ろにスペースが空いている。

Photo_8

冷蔵庫は背が低い。140cmだったかな。
なので、上にオーブンレンジが置いてある。
冷蔵庫の上に置くことを想定していたので、扉が横開きのオーブンレンジにこだわった。
(これはものすごく安く買えた)
この右側はもう壁なので、この冷蔵庫、扉を開きにくい。
よく見ると、普通の家の冷蔵庫と扉が逆である。
以前住んでいたマンションは、こことは逆で、キッチンスペースの一番左に冷蔵庫を置くようになっていた。
その左側はサッシ扉で、冷蔵庫が左開きだったばあい、日の光が差し込んでしまうので、わざわざ逆開きの冷蔵庫を買ったのだ。
しかし、そこに住んだのは2年あまり。
こっちの住まいのほうがずっと長くなったのに、この不便な開きでずっと生活している。
いずれココに、幅イッパイの、デカイ冷蔵庫を設置したいのだけど、コレが活躍しているうちは無理だなぁ。

ちなみに、冷蔵庫に貼っているもの。
上段右ふたつはキッチンタイマー。
どちらも使い勝手が良くない。
左端はワインのアルミをあけるカッター。
下段の青いものは、包丁研ぎ。
後のふたつは、マグネットつきマスコット。

Photo_9

食器棚上段は、まさに食器がしまってある。
ほとんどの食器は、白いもの。
無印良品の白磁のものが多い。
上の二段には、こつこつと集めたカップ。
三段目の左半分もカップが・・・。

Photo_10

食器棚の下段。
上の段の置くには、ワイングラスとシャンパングラスがしまってある。
見えないけれど(笑)。
黒いのは丼。
先輩から「押し付けられた」ものなので、なぜか4つ。

木のお椀が多いのが不思議・・・。

これらのものが、キレイに収納できるような、機能的なキッチンキャビネットが、秋になったらやってくることになる。

|

« 室内改造計画:2 | トップページ | 雨の表参道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198038/45471183

この記事へのトラックバック一覧です: 室内改造計画:3:

« 室内改造計画:2 | トップページ | 雨の表参道 »