« RUNのおとも | トップページ | 室内改造計画:2 »

室内改造計画:1

ここに住み始めてかれこれ8年・・・早いものだ。
家財道具は、前にマンションから持ってきたもので済ませた。
新しく購入したものは、ほとんどなかった(はず)。

前のマンションは、マンションという分類らしいが、エレベーターもなく、セキュリティーもなく。
キッチンスペースが小さくて、食器棚を置く場所がなかった。
なので、玄関を上がったすぐ脇に、食器棚を置くしかなかった。

初めて一人暮らしをするときだったので、食器棚はその部屋に合わせて購入した。
ディノスだかの通販で、幅の狭い、奥行きの薄い食器棚を買った。

今の住まいに引っ越すとき、それを持ってきてそのまま使い始めた。
ここに入るとき、セミオーダー商談会もあったのだが、そんな予算はなかったので、一切考えなかった。
あるもので済ませようと、それだけだった。
何年かたったら、そのとき考えればいいや、と。

その何年か、が、いつ来るかは決まっていなかったし、急ぐ必要もなかった。
ただ、奥行きのない食器棚には、洋食器のディナープレートは入らないので、大きな皿は買えなかった。
しかし、もともと食器が好きな私は、並行輸入店でディナープレートを買い始めた。
食器棚に入らないので、100円ショップで買ったクッション袋に入れて、別のところにしまってある。
日の目を来る日はあるのか・・・そんな感じだった。

状況が変わったのは、1月だった。
オーブントースターを買い換えたいなと、ここ何年か思っていた。
狙っていたオーブントースターは通販専売で、実物が見られないことから二の足を踏んでいたのだが、それと同じ機能を備えた製品が、昨夏から店頭販売されていることを知った。
ならば、やっぱりそれがほしいな・・・。
そう思って、家電量販店へ行ってみた。
実物を見て、カタログを貰い、購入意欲がわいてきていた。

しかし、もろくも崩れた。
帰宅して、オーブントースターが置いてあるワゴンのサイズを計ってみたら・・・奥行きが足りない。
ならば、次候補製品はどうか、と思ったら・・・やっぱり奥行きが足りない。
他の製品のほとんどが、奥行きが足りなくて置けないことがわかった。

つまり、今のワゴンにオーブントースターをのせて使っている生活を続けている限り、私の望む製品のみならず、新しいオーブントースターに買い換えることは、ほぼ不可能と言うことがわかってしまった。

つまりは、ワゴンをやめなきゃならない。
そうしたら、ワゴンに代わるキッチンキャビネットが必要になる。
ということは、食器棚ごと替える時期が来たということか!?!?
どうせなら、このスペースを無駄にすること設置したい。

話は一気に大きくなった。
たった1台のオーブントースターが、キッチンキャビネット、それももしかすると、オーダーメイドになってしまうかもしれない、という話しに展開して行くことになる。

* * * * * * * * * * * * * * *

ココまでは、過去の記事にも紹介している。

その後、そのことを後輩に相談したら、
『 いいカタログがありますよ。 』と紹介してくれた。
早速そのサイトを見てみると、無料でカタログを送ってくれるというので、すぐに取り寄せた。
色々な家具が載っていて、とても楽しかったのだけれど・・・。
あいにく、横幅が合わなかった。
そのカタログは、同じ製品でも幅や奥行きが何サイズかそろえてあり、高さの調節も出来るように、棚上ツールも揃っていた。
しかし、1cm刻みで調節できるわけではなく、横幅は私が希望していたものと5cm近く違ってしまった。
なので、諦めた。

そのころ、既に、1軒のセミオーダーの店を検討していた。
たまたまネットで行き着いたのだが、数日前にNHKのニュースで紹介されていた家具を扱っている店だった。
(「家具そのもの」が紹介されていたというより、「珍しい機能を備えた家具を扱う店」を紹介していたようなものだった)

その店のサイトでは、商品事例(注文事例)を200点ほど紹介していた。
お客さんの要望に答え作成された家具が、写真で掲載されていた。
コレがなかなか良かった。
なかなか良かったのだが、セミオーダーとなれば値段も張る。
そんなことが気になりながら、なかなか問い合わせできないでいた。

何ヶ月かたち、先月の末、久しぶりにその店のサイトを覗いてみた。
すると・・・商品事例を大幅に増やし、300点を超えていた。
以前も見ていて楽しかったが、更に写真が増えて、自分が理想とするものを想像するのに参考になった。
そしていよいよ、見積もりの連絡を入れてみよう、という気持ちがわいてきた。

ファックス用のイラスト見積もり依頼書をダウンロードし、フリーハンドで図を書いてみた。
具体的にサイズも書き込み、要望も書き込んで、ファックスを送信した。
すると、翌日夕方には、ファックスが返信されてきた。
私が書いた図面に、質問事項が書き加えられていた。
大まかな見積もり価格も書き込まれていて、「ご検討ください」と添えられていた。

ご検討、しましたとも。
メールで質問のやり取りをし、最終的にオーダーを依頼した。
そして、実際に電話で相談することになり、都合の良い日を連絡することになっていた。

ここで、私の悪い癖がでた。
話が盛り上がってくると、一旦、気持ちが冷めることがある。
冷めるというか、「急がなくてもいい」という安心感が、「一旦放置」という行動として表れてしまう、こういうことが、時々ある。
今回、そうなってしまって、約1ヶ月放置することになってしまった。

次記事へつづく。。。

|

« RUNのおとも | トップページ | 室内改造計画:2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198038/45470160

この記事へのトラックバック一覧です: 室内改造計画:1:

« RUNのおとも | トップページ | 室内改造計画:2 »