« つくばマラソン&大田原マラソン 応援記 | トップページ | 銀杏並木 »

室内改造計画:4

あれから5ヶ月、我が家にとうとう、新しいキッチンキャビネット(食器棚)がやってきた。

 ⇒ 室内改造計画:3

当初、11月上旬に納品できるという連絡をもらっていたのだが、湘南国際マラソンへの参加や、つくば・大田原マラソンに応援に行くことを決めていたため、予定のない休日がなかなかなく、ようやく11月27日の納品ということになった。

新しいものが入るということは、古いものを捨てる(片付ける)ということでもある。
新しいキッチンキャビネットが入る場所には、古い食器棚がある。
その中には満タンに食器が詰め込まれており、それは直前まで使わなければならない。

さらに、古い食器棚は 『粗大ごみ』 として処分しなければならず、粗大ごみの収集手配もした。

納品の前日11月26日は、毎月恒例の会議があり、午後7時過ぎに終了した。
その後、毎月恒例の夕食会(つまりは飲み会)で、毎回恒例の寿司屋に行ったのだが、食器棚の片付けもあり早々に退散するつもりでいた。
ところが、いつものメンバーにプラス、酒飲みの課長代理が途中乱入し、いつまでたっても終わりそうにないので、「さあさあ、帰りますよ!」と宣言し、会計を済ませて店を後にした。

予定より1時間半くらい遅くなったが、それでも11時ごろには帰宅した。
さて、そこからいよいよ、片付けなのだが・・・。

食器棚を運び出すのに、力仕事になるだろうということで、相方のガックンに運び出しを依頼しておいた。
私の帰宅が遅くなったので申し訳ないなー、などと思っていたが、何故かガックンからの連絡がない。
とりあえず、食器棚の中の食器を出し始める。
ダイニングテーブルの上に新聞を敷き、その上に食器を並べ、積む。
そうした作業をしながら、ガックンからの連絡を待つが・・・来ない。

とうとう、食器の中のものを全部出してしまったが、それでも連絡は来ない。
食器棚を動かさない限りは、その下の床を掃除することができない。
どうしたものかなー・・・と思っていたが、待っていても来るような気がしないので、自分で外に出すことにした。

翌日27日に粗大ごみが収集されるように手配していたので、朝の8時までには出さなくてはならない。
しかしねぇ、朝の出勤時間帯に、大物を運び出しているのも迷惑だし、人に観られるのもいい気分じゃないので、この夜中に出してしまおうと決心した。

家の中を引きずると、フローリングにキズがつくので、食器棚の下にバスマットを咬ませ、玄関までは滑らせて運ぶ。
玄関からは、廊下にキズをつけないように、少しずつ持ち上げながら移動して、エレベーターに乗せ、エントランス脇まで運んだ。
しかしそこは、ごみ集積所で、翌朝は「可燃ごみ」が出される。
ココに置いては邪魔になると思い、3mほど先の敷地の端っこに置いた。
それから一度家に戻り、オーブントースターも運び出し、両方に粗大ごみシールを貼っておしまい。
コレで明日の朝には撤去してくれるだろう。

さて、家に戻って。
食器棚の横においてあったワゴン、コレはそのまま、何度に押し込んでおくことにした。
新しいキッチンキャビネットが入ったら、必要なものは移動し、不必要なものは処分すればいい。
そうして、新しいキッチンキャビネットを置くスペースが確保できたので、掃除機をかけ(夜中にすみません)、拭き掃除をし、ついでに壁もウエットシートで拭いておいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜が明けて27日、10時作業開始に合わせて、家具屋さんがやってきた。
大工さんを一人同行し、キャビネットを組み立てながら、微調整して設置していく。
ミリ単位の作業なので、1mm、2mmとカンナで削って行く。

Photo
【写真1】
キャビネットの下半分、土台を設置したところ。
本体は壁に打ち付けてしまうので、壁の中の骨組みの位置を確かめ、位置をずらして釘を打ったらしい。
地震が来ても、キャビネットが倒れる心配はない。

Photo_2
【写真2】
下半分に、引き出しとスライド棚を設置したところ。
スライド棚は2段になっていて、後ろにコンセントが配置できるようになっている。

Photo_3
【写真3】
上半分に、仕切り棚と扉を設置したところ。
右2/3は観音開きになっていて、左1/3は片開きの扉になっている。
この扉の素材は、最後まで悩んだところ。
半透明のガラスを入れる予定だったのだが・・・見えなくても良いかも、という気持ちと、価格交渉で、ガラスなしの扉となった。

3
【写真4】
上下が繋がるとこんな感じに。

Photo_4 Photo_5
【写真5・6】
上段に食器を入れたところ。
左1/3の上2段は、カップ類を。
コレをきちんと全部しまうことができるようにすることが、ずっと希望だった。
前の食器棚では全部しまうことができず、買ってきたときの包装のまま、別の収納棚にしまいっぱなしになっていたものもある。
下から2段目には、カップ類と一緒に買った27cmの大皿。
今までの食器棚では奥行きが足りず、100円ショップで買った緩衝材入りの巾着袋に入れて、レンジフード隣の細い棚にしまっておいた。
一番下の段は、普段使う茶碗と汁椀。出しやすい場所に置いた。

右側の下2段は、普段使いの皿や小鉢など。
こうしてみるとわかるように、我が家の食器は白ばかり、殺風景なのである。
このほとんどが、無印良品の食器だ。

上から2段目は、ワイングラスとシャンパングラスの高さに合わせて、仕切り棚の位置を1段変えた。
一番上の段は、脚立を使わないと届かないところなので、普段あまり使わないものを収納することにする。

Photo_6 Photo_8
【写真7・8】
下段の左側のスライド棚。
実は、このオーブントースターに合わせて横幅を決めたため、上段のように三等分のサイズにはなっていない。
炊飯器は、一人暮らしを始めたときから使っている3合炊きのものなので、こうやって見ると ちっちゃーーーーー!!

右の引き出しは4杯。
一番下は深くしてもらい、丼のような大きくて思い瀬戸物を入れる予定だった。
概ね予定通りなのだが、大物ばかり入れると重すぎるようなので、ラーメン丼(2枚だけ)はその上の段にした。
一番上の引き出しは、カトラリーと小皿類を入れた。
まだ、暫定位置なので、いずれ場所は変わると思う。

そして、場所の余裕ができたため、ついついまた、飯椀を買ってしまい、次にもうひとつ、大きな鍋を買おうかと・・・・・。

そして家には変化が起きた。
いや、私に変化が起きた。
しまうべきものが、しまうべきところに納まると、他に散らかっていたものも、それなりの場所にしまおうという心理が働き、キッチンは片付いた。
キッチン以外も片付けようという、今までにない変化が現れつつある。

さらに、驚いたことがひとつ。
キャビネットを白にしたために、キッチンの蛍光灯の反射が良く、キッチン自体が明るくなった。
作業がとてもしやすいのである。
コレは、想定していなかった。
あまりに白すぎるかな~、などと思っていたが、いやいや、これはこれで助かることだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうして、かれこれ2年に渡る 室内改造計画・キッチン編 は、とりあえず終了。
キャビネットが入ってしまった今は、レンジフードを新しくしたいとか、炊飯器を新しくしたいとか、そんな贅沢な気持ちが芽生えている。
冷蔵庫がひどく小さく見えてしまうのだが、コレはしばらく取り替えるつもりはない。
キャビネットと冷蔵庫の間には、丁度良くゴミ箱が隠れているからだ。
配置が違うと使い勝手が悪く、まだゴミ箱の位置を変えたことに慣れないのだが、それも数日のことだろう。

これで、あとは、散らかさないクセをつけるだけ。

|

« つくばマラソン&大田原マラソン 応援記 | トップページ | 銀杏並木 »

コメント

海実子さん、こんばんは。
早速覘きに参りましたhappy01
使い勝手の良さそうな棚ですねぇ。
わたし、《家具が白い》って敬遠していたけれど、
蛍光灯の光も相まって明るくなるということは全く考えていませんでした。
メモメモconfident

見合いから4ヶ月弱で結婚した友だちに忠告(?)され食器や鍋やカトラリー類の殆どはとっくの昔に購入済ですが、
未だに出番がなく押入れの住人のまま…sweat02
台所の食器棚には母が揃えた食器がずーっと並んでいます。
エエなぁ、こういうの…と
海実子さんの読んで、ほわ~っとなりましたwink

投稿: ぶらんぼう | 2009/11/30 22:28

♪ ぶらんぼうさん ♪

まぁ!ようこそお越しくださいましたhappy01
なんだか、誘導したようですみません。

食器やカトラリー、自分の思うようなものを使いたいですよね。
でも、収納場所に困ったり、自分の家でないと、思うようなものが買えないばかりか、「今はまあ、これでいいや」というテキトーなものを買ってしまうようなことがあり、あとあとひどく後悔したりします。
実は、食器やカトラリーというのは、半永久的に使うものなのですよねー。壊れない限りは。

結局、食器棚を据え付けるまでに、9年近くかかりました。
でも、コレが入ったからといって、きちんと料理をしないと、食器もたいしていらないわけで。。。
片付けもしなくてはと、ちょっと脅迫めいたところもありますが。

家具が白いというのは、私も抵抗ありました。
でも、シンク上下の棚も白だし(もうちょっとアイボリーですが)、白以外は候補に出ませんでした。
反射で明るくなるとは、全く考慮しておらず、私もビックリでした。
やっぱりキッチンは明るいほうが使いやすいです。

今回の家具屋さんは、とても親切で、良い仕事をしてくれました。
またお金を貯めて、壁面収納などが必要になったときはお願いしようかなー。
でも、それはまた、10年もかかるかもしれない・・・。

投稿: 海実子(みみこ) | 2009/11/30 22:38

こんにちは♪
綺麗なキッチンを拝見するといい気分ですねー.
我が家は15年間住みっぱなしなので,
なんだか薄汚れてます.
海実子さんの美しいキッチンを拝見して
掃除に励もう!とちょっとやる気になりました.

白い家具,私も敬遠していたのですが,
本当にお部屋が明るくなりますね.
家具を買い替えることがあったら
次は候補に入れてみます.

投稿: 京丸 | 2009/12/04 08:52

♪ 京丸さん ♪

きれいに見えますか?
じゃあ、写真がうまくいったんだ(笑)
見せられる部分しか写真に入らないようにしているので、コンロ側は大変なことになっております。
でも、年末ですからね~。きれいにしないとね~。
換気扇が~~~。
レンジフードを取り替えたいのは、それが原因のひとつだったりします。

白い家具は躊躇しますよね。汚れやすそうだし。
私がお願いした家具屋さんでは、キッチンに白を使っているお客さんが多かったです。
実例を見ると、踏ん切りがつきやすかったのかも知れません。

投稿: 海実子@職場 | 2009/12/04 17:52

シンプルですっきりしていて良い感じじゃないですか~。我が家も、入居してもう10年近く大掛かりな片付けはしていないのでキッチンは物だらけです。というか食器が多過ぎなんだなきっと。うちのキッチンはブルー系。だから暗く感じるのかも。壁も黄色だし蛍光灯じゃないし。扉はガラスにしなくて正解ですよ(ウチはガラス)。地震が来た時に割れますね多分。

投稿: まっち | 2009/12/05 21:27

♪ まっちさん ♪

おぉ、まっちさん、ようこそ。
まっちさんのお宅は、カラフルなんですね。
うちは壁は白、カーテンはベージュ、それに合わせているような感じなので、殺風景です。
飽きないようにと思ったのですが、芸がないなぁ・・・と思ったり。
でも確かに、食器棚を白にして、キッチンが明るくなったのは正解だったようです。
作業がしやすくなった気がします。
扉はガラスにしないで正解ですか。閉塞感があるかと思いましたが、確かにガラスは危険ですもんね。
一回の地震で割れたりしたら・・・悲しすぎる・・・。

投稿: 海実子(みみこ) | 2009/12/05 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198038/46900652

この記事へのトラックバック一覧です: 室内改造計画:4:

« つくばマラソン&大田原マラソン 応援記 | トップページ | 銀杏並木 »