« Christmasの準備 3 :王女様登場 | トップページ | ポイント交換 »

THE Roomba

Ca8lgana

GW前に、思い切って購入したお掃除ロボット。


公認会計士で評論家の、勝▲▼代という女性がいるが、私は彼女が好きではなくて(何となく)、出ているテレビは観ないことにしていた。
ところが今年の春先、ある番組を観てしまった。
日常の彼女の生活を追いながら、家電量販店に行くのだが、そこで彼女が強く推選した製品がコレだった。


お掃除ロボットなんて、掃除嫌いな私には関係ないし・・・。


ずっとそう思って、このロボットのことすら知ろうとしていなかった私だが。
彼女の話は、私の思い込みを180度転換させた。


掃除がキライだからこそ、掃除に時間を費やしたくないからこそ、お掃除ロボットが便利。


このロボットの凄い所は、地雷探査機の頭脳が応用されていて、くまなく地雷を探すのと同様、くまなくゴミを探してくれる。
そして、自分のいない間に、ちゃんと掃除を済ませておいてくれる。


な、な、なんと!!!
そ、そうか、そりゃそうだ、ロボットなんだし。
キライだからこそ、ロボットに頼るのがいいのかも。


どうせ購入するなら、最高機種を、とも言っていた。
自分でちゃんと基地(ドッグ)に帰還し、充電してくれる。
時間や曜日を設定すれば、指定された日時に掃除をする。
手間をかけたくないからこそ、勝手に掃除、勝手にスケジュール管理、これが良いのだと言う。


な、なるほど・・・。
妙に、感心させられてしまった。


そして翌日、当然のことのように、仕事帰りに秋葉原の家電量販店に立ち寄る。
そこではロボットが、ボードで囲まれ、フローリングに半分カーペットが敷かれた敷地の中で、一生懸命デモンストレーションに励んでいた。
ジッと見つめる客・・・は、私一人ではなかった。
他にも、何人か、近づいてきてはジッと見つめ、パンフレットを手にとっては考え込み、その場を離れる。
というような客はいた。


周りの客が1人もいなくなったところで、販売員が遠慮がちに私に声をかけてきた。
「今日は良く売れるでしょう?」
思いがけない私の発言に、販売員はたじろぎ、
「ええ、売れるんです。何かあったんでしょうか?」と。

「昨日、テレビで紹介されてましたからね。アレをみたら、興味わきますね。」
そう言って、いくつか質問してみた。
正直で真面目な販売員は、良い所、コストパフォーマンスなどを説明してくれる。
バッテリーなどの消耗品は、定期的に交換する必要があるが、能力としては非常に高いものらしい。


が、その日は帰ってきた。
あくまで、実物をこの目で確かめたかったのだ。


そして、約半月して、4月の後半。
意を決して買いに行く。
すると、たまたま、本当に偶然に、その日は5000円引きキャンペーンをやっていた。
どこで見ても、ネットで調べても、割引しない賞品なのに。


ついでに、キャンペーン中のおまけで、フィルターとブラシの消耗品がついてくるという。
先日話を聞いたときとは違う販売員が担当していて、なんと掃除機担当十数年。
サイクロンで有名なダ●●ンの担当もしたことがあるという販売員だった。
(でも、サイクロンは、いまや国産のS社のほうがいいらしい)
その販売員に、「良い所と良くないところを正直に教えて」と言うと、先日の販売員より更に詳しく説明してくれた。
良くないところ・・・バッテリーは使っても使わなくてもほぼ1年で交換になる理由とか。
そういうところ含めて、信用できるなと思い、購入を決めた。


それから、半年。
Roomba君が活躍するのは、主に寝室と廊下の掃除だった。
リビングは、何かしら荷物が置いてあったりして、彼の活躍の機会がなかなかやってこない。
充電だけはいつも完了しているのに、彼の実力を見ることがなかなかできない。


そんな日々が続いていたが、とうとう、その日がやってきた。
年末を向かえ大掃除をし、リビングの荷物をほぼどけたので、Roomba君に稼動してもらうことにしたのだ。
もともと、リビングで充電していたので、ちょっと場所を動かしてスイッチを入れる。
クルクルと回って、周りの障害物の認識を始める。
それを確認して、私は仕事に出た。
障害物がなければ、どこまででも突き進み、充電が途切れるまで動き続けるので、廊下の扉を閉めて、LDだけを動けるようにした。
キッチンの床は、まだどけていないものがあったので、進入できないようにバリケードをつくった(笑)。


そしてその日、帰宅してみると・・・Roomba君は、ちゃんとベースに戻って充電を完了させていた。
前日に出したクリスマスツリーの、オーナメントから落ちたキラキラしたラメは、きちんと吸い取られている。
ダイニングの椅子の間も動き回ったようで、埃は落ちてない。


おぉ、地雷探知機、やってくれたか~~~!!!
感動である。


コレを購入するとき、部屋の角がきちんと掃除できないのはどうなのか、と販売員に聞いた。
でもそれは、普通の掃除機でも、角は上手く吸い取れないし、結局モップで後始末するのは同じじゃないか、ということになった。
確かにそうだ。
掃除機だけで済んでいるかというと、ヘッドを外してホースで吸い取ったりしているし、そういう手間はかかっているのだ。
コレは、同様の手間はかかるけど、掃除機を動かすこと自体の時間はうまく節約してくれる。
コレを活用するためには、床を散らかしてはおけないとか、そういう制約はでてくるが、片づけの苦手な私が、片づけせざるを得ない状況になっていくかもしれない。
いや、そうなっていかないとね。


ちゃんとベースに戻って行くところだけ、やってみた。

Ca4yor1g


ということで、我が家の地雷探知機Roomba君は、大活躍の兆しであります。

|

« Christmasの準備 3 :王女様登場 | トップページ | ポイント交換 »

コメント

ふーん、これほしいなー。

と思っているんだけれど、我が家はメゾネット。階段の掃除はこれでは無理だし、もちろん下階と上階を行ったり来たりはしてくれない。そして家具の脚は低くたとえばソファの下とかは掃除してくれない。じゃあ何のために買うの?ということになり、我が家には不適合、という結論になりフツーの掃除機を使っています。あー、階段も掃除してくれる自動掃除機がほしい。

投稿: まっち | 2010/12/19 00:58

◆まっちさん

私もね、あのテレビ番組を観るまでは、ミーレ社の掃除機に決めかかっていたのです。
フツーの掃除機しか考えていなかった。

そうなのよ、背の低い家具の下、うちもソファとテレビボード(横幅約180cm)の下はダメです。
でもそこは、モップで済ませちゃいます。
部屋の掃除を毎日するなら話は別だけど、昼間留守にしていると、毎日掃除機かける必要はないし・・・。
まっちさんの家では、上階と下階で、ルンバを使う日を分けたらどうですか?
そして、背の低い家具の下と階段だけ人の手で掃除する、と。
圧倒的に、掃除機を人が動かす時間が減って、それ自体の(気持ちの)ストレスが減ります。
本当はサブとして、スタント掃除機を併用しようかと思っていたのですが、BLACK&DECKERという小型掃除機を買ってしまいました。
これは、ホースが伸びて、棚の上なんかにも使えます。

まっち家のように、2人で働いているお宅こそ、ルンバ オススメだと思うんですけど~(笑)

投稿: 海実子(みみこ) | 2010/12/19 22:54

いいな~ルンバくん、大活躍ですね。
我が家もこれがあったら助かると思うのですが、シシィがいるから多分無理ですね。
普通の掃除機は大嫌いで、いつも逃げ回ってます。これは慣れたらいいおもちゃになるかも?って気もしますが・・・(^_^;)

我が家の掃除機もそろそろ寿命なので、軽くて使いやすい掃除機を物色しようかなー。

投稿: みなみ | 2010/12/20 09:06

◆みなみさん

みなみさんに報告レポしなきゃという気持ちもあって、ここに書きました。
いいですよ、留守の間に掃除機かけておいてくれるのって。
私も、今はシシィちゃんがいるからな~・・・と思いましたが、ネコは嫌ならどこかに隠れるので、もしかしたら大丈夫かも。
思いもよらぬ方向に転換するので、おもちゃになるかもしれません。

従来型の掃除機ですが、サイクロンではシャープが優秀だそうですよ。
もうダイソンより性能が良いっていう話です。
ダイソンは、ホースが本体に巻き付けられるといっていますが、固くて巻きつけるの大変だっていう話ですよね。
是非、シャープのサイクロンを、電気屋さんで見てみてください。

ウチは、次に洗濯機が危なくなってきました。
それより先に、換気扇を取り替えたいのに・・・。

投稿: 海実子(みみこ) | 2010/12/21 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198038/50303848

この記事へのトラックバック一覧です: THE Roomba:

« Christmasの準備 3 :王女様登場 | トップページ | ポイント交換 »