« 東京マラソン2012 【当日編 3】 | トップページ | 東京マラソン2012 【当日編 4】 »

2012年 3月11日

あの日から、1年の月日が経った。

もう1年。 ようやく1年。

2週間くらい前に、1周年を踏まえて各報道機関に日本医師会から、
震災当日の被災映像を流すのを自粛して欲しいという依頼があったという。

それでもこの1週間は、震災関連の番組が数多く放送され、
その中では地震や津波の映像を多用しているものも少なくなかった。

見ていて辛かったり、心中穏やかでなかった人も多かっただろう。
もう思い出したくない、暗い気持ちになって行くと感じた人も居ただろう。



自分のところに、何か記録はないかと探してみた。
丁度、仕事が忙しかった時期とも重なり、ブログに震災当時の記録はなかった。
掲示板で情報交換をしていたことを思い出した。
各自の安否確認や現状、交通期間や計画停電の情報交換などをしながら、
自分の置かれている立場や世の中の現象に苦悶していたり。
そんな書き込みがあって、当時の状況や心理状態を思い出した。


そう、思い出したのだ。


思い出す・・・忘れていたこともあるのだ。


でも、忘れちゃいけないと思うのだ。


あんな経験は、正直、もう二度としたくない。
都市直下型の大地震が何年間のうちに起きる確立が何%、
そんな予測もあるけれど、予測のまま終わって欲しい。
誰もがそう思うだろう。

でも実際に、1年前の地震で被害を受け、津波に全てを流され、
今尚以前と同じ生活に戻れない被災者が多くいて、
家族を失ったり、仕事を失ったり、悲痛の声を上げている。
被害を受けなかったのに、「もう二度としたくない」と言って、
ひとごととして流してしまってはいけないのだ。



忘れないために。

記憶に刻み込むために。

辛いことまでしなくても良いけれど、思い起こす努力も必要だと思った。

だから私は、あえて、当時の映像を見返してみたりした。



風化させないために。




今、自分ができること。
これからも、できること。
復興支援に、長く協力できるように。
少しずつでも、続けていけること。

そのためにも、忘れない。

|

« 東京マラソン2012 【当日編 3】 | トップページ | 東京マラソン2012 【当日編 4】 »

コメント

もう1年なのか、まだ1年なのか。。。
未だに私に何が出来るのか、何をしたのか。。。
日々の生活に追われ、なかなか何も出来ていな
いように感じています。
出来る事をしていこうと思いつつも、難しいで
すね。風化させないためにも、忘れずにいたい
と思っています。

投稿: Naomi | 2012/03/12 20:45

♪ Naomiさん

何ができるのか、何をしたのか・・・と、マジマジと考える必要はないと思いますよ。
忘れないこと、その下で、できるときにできることを、それでよいのだと思います。

投稿: 海実子(みみこ) | 2012/03/13 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198038/54200373

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 3月11日:

« 東京マラソン2012 【当日編 3】 | トップページ | 東京マラソン2012 【当日編 4】 »