号外:海実子のハワイ日記

番外:お疲れ様の会 (12/23)

SD初め、ホノルルマラソンを通じて盛り上がった仲間たち。
更に、日本で応援してくれた仲間たち。
皆で集まって、またも盛り上がりました。

    ホノルルマラソンお疲れ様の会 

という名目の、忘年会です。

【 参加者 】
・miepaapさん
・さまりすさん
・じれっタイガーさん
・FLACさん
・ネオスさん
・TaiTanさん
・ぽり雄さん
・imusamさん
・NAさん
・AKKOさん
・はるまさん
・海実子

盛り上がる盛り上がる!
なんでこんなに、走る話だけで盛り上がれるのか???
いいねぇ、同じ楽しみを持つ仲間っていうのは。

_144

本日は、

寄せ鍋

でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆ みなさんへ ☆

数日後、かあちゃんから葉書が届きました。

_142


| | コメント (6) | トラックバック (0)

☆ はるまさん・イノさんへ ☆

☆ はるまさん・イノさんへ ☆

あれよあれよという間に、ハワイ旅行は終わってしまいました。
長いようで短いハワイ旅行でしたね。

ホノルルマラソンの話が持ち上がったのは、2004年だったでしょうか。
今年の荒川マラソンのオフ会の頃には、今年はホノルルへ行こう!ということになり、まさか本当に行ってきてしまうとは、思ってもいませんでした。

ツアーを決めるとき、お金を振り込むとき、マラソンにエントリーするとき。
とにかくそのたびに、色々なことが起きて、行く前から賑やかでしたが、だからこそ楽しい旅行になったと思います。
それぞれに、色々な思い入れがあって、ホノルルマラソンへ辿り着いたわけですが、とにかく楽しかった!! この一言に尽きます。

お2人と一緒だったので、ホノルルマラソンに参加することができました。
本当にありがとうございました。

また、いつか、ホノルルマラソンに参加するときには、
更にパワーアップした マシンガンズ で挑みたいと思います。
そのときはまた、どうぞ宜しくお願いいたします。

                     2006年12月30日
                            海実子

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ただいま~ (日本時間12/12)

_111_2

いきなり
冬支度です。

_116   


到着便に載っていますね。

この後、3人で、お茶&軽食をしました。
マシンガンは健在です。
元気なのよ、私達。

その後。
はるまさんはバスで横浜へ。
イノさんと私は、京成スカイライナーで上野へ向かいました。

長くて短かった、ハワイ旅行の終了です。

_120

足元は、
思い出とともに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機の中で 2 (復路)

   _073_074






くつろいでおります。
ビジネスクラスです。
横幅が広い! リクライニングも良い!
ありがたや、ありがたや。

イノさんは、今朝の新聞を見始めました。
『 じれさんて、年齢は?住んでるところは? 』
『 39歳、さいたま市在住。』

そして、その後、イノさんは見事に、じれっタイガーさんの名前を新聞上に見つけたのでした。
載っているじれさんもすごいけど、見つけたイノさんもスゴイ!

_076

_077

朝食は、こんな感じ。
【左:海実子】 鶏そぼろ御飯
【右:イノさん】 ポークカレー

食事が済んでからは、ほとんど睡眠・・・
雲の上を飛んでいるので、外の景色も面白くないし。
上映している映画の中でも、特に観たいものはないし。

ZZZ・・・

カチャカチャという音で目を覚ますと、軽食の時間でした。
冷し中華だそうで。
デザートは、フルーツポンチ。
_078_085

 
食べ終えたトレイは、こんなカートの中にしまわれていくんですね。
トイレもそうだけど、飛行機の中って、色々な機材がとても効率よく配置されていると思うなあ。

軽食を済ませて、1時間ほどで成田に到着。

_098











1週間ぶりの日本は・・・ 雨 でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

See You!! (現地時間12/11)

ウィローズでの余韻も覚めやらぬまま、我々は帰国する事に。
翌早朝の出発のために、早々に就寝。

朝はまず、朝刊のチェックから。
バニヤンの部屋に届けられる新聞に、マラソンの記事が出ている。
英語の苦手な私には、新聞記事を読むことはできないけれど、スポーツ面には日本人のトップ100も掲載されている。
この時点では、知り合いの名前を見つけることはできなかった。
miepapaは残念ながら、ほんの少しの時間差で、トップ100に入らなかったようだ。
そして・・・じれっタイガーさんの本名を、
          思い出せなかったのだ。

ごめんね、じれさん
5:50にバニヤンのロビーに集合。
ツアー会社から手配された、リムジンが到着した。
今回の旅行の中で、唯一ゴージャスな取り扱い。

リムジンの中には、既に3名の方が乗り込んでおり、我々含めて6人で空港へ。
空港に着くと、荷物チェックをしてチェックイン。
ココで問題発生!
私の手荷物で引っかかってしまった。
ジップロックに入れていた、3本のもの。
ラブクリームのチューブ。制汗剤。ディクトンスプレー。
その中でも、ディクトンと制汗剤が気に入らなかったようで。

だって、日本では通過したじゃーん!!!

まあ、これは、私の言い分で、あちらさんにしてみると、怪しいと。
でも、ディクトンって、どこの製品よ? 
MADE IN U.S.A って書いてあるわよ?
もうひとつ、制汗剤が気に入らなかったようだけど、何が怪しかったのか?
40gの小さな缶なのに・・・。
まあ、怪しげなら捨ててきちゃえば良かったのだけど。

どちらも無罪放免とされて、無事通過。
チェックインは、先にはるまさんが。
その向こうのカウンターで呼ばれたので、私とイノさんが一緒にチェックイン。
そうしたら、はるまさんだけ座席が離れてしまった。
しかし、結果的に3人ともビジネスクラスで、ゆっくりできてよかったのかな?
はるまさんは、くつろぎすぎて、腰が痛くなったとか。
それならば、やはりマシンガンズは一緒にいて、話に華が咲いていたら、適度な睡眠時間で済んだのかな?

チェックインした後は、免税店などを覗きながら、ゲートへ向かう。
免税店と並ぶ売店で、新聞を発見!!
それを買う、帰国前の日本人の列が。
各ホテルにいる仲間達に、新聞の情報をメールする。

搭乗ゲートで、DFSで買ったバッグを受け取る。
搭乗時間まではそう長くないので、適当にお喋りをしながら過ごす。

間もなく、搭乗案内。
ビジネスシートでゆったり、のんびり。

もうコレで、ハワイとはお別れなのね・・・。_072











遠くに見えるダイヤモンドヘッド。
この後飛行機は、左に回旋し、ダイヤモンドヘッド目指して飛び立つのでした。

See you again HAWAII !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外:フィニッシャーズTシャツの色は?

たった今、疑問が解けた。

フィニッシャーズTシャツの色は?

あるルールにのっとっているらしい。

でも、それを聞いちゃったら、つまらないよね。

内緒にしておこう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ハワイの仲間達 (現地時間12/10)

_067_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィローズへ (現地時間12/10)

夜になり、また風が吹き始めた。

夜は、アロハパークで知り合った仲間達とオフ会。
現地在住のマイリィさんがコーディネートしてくれたお店は、ハワイアン料理のウィローズ。
Photo_6

** 写真提供  はるまさん **

仲間達が続々と集まってくる。
今回のとりまとめをしてくれた、アロパ内コミュニティ【 2006ホノルルマラソン 】(既に、2007ホノルルマラソンに改名済)の管理人、マサさんが登場。
そして、アロハストリートのスタッフ達も到着し、店内へ。

ビュッフェスタイルのハワイアン料理のお店で、
疑問の【 バター餅 】にもお目にかかれた。
_069





料理を取っていると、現地のお客さんに声を掛けられたりする。
フィにシャーズTシャツを着ているので、

『 ふぃにっしゃー? 
   ぐっじょーぶ!!
    こんぐらっじゅれーぃしょーん! 』

なんて言ってもらって、嬉しい☆

コーディネートしてくれたマイリィさんは、レース後ご主人の体調不良のため、オフ会には参加できなかった。
お会いできなかった事が残念。
(私は、滞在3日目に一度お会いしているが)
美味しいお料理と、とてもステキなお店。
マイリィさん、ありがとね~♪ 

マイリィさんは、その後、クリスマス・イブの日に、ご結婚されました。
おめでとうございます!!

マイリィさんの代わりに、お店での手配をすべて請け負ってくださったのは、アロハストリートの上野編集長。
スタローン編集長とも呼ばれているようです。
編集長、ありがとうございました。

_068

** アロハストリートのスタッフの皆さん **

こうして、ホノルル最後の夜は更けていくのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まだまだ続く、お楽しみ♪ (現地時間12/10)

テント内で30分ほど休んで、ボチボチ バニヤンに戻る事に。
ありがたいことに、バニヤンはココからとても近い。
歩いて帰ることができる。

バニヤンに着くと、順にシャワーを浴びる。
そして、荷造り・・・。
明日の出発に備えて。

そして、夜のお楽しみへと続くのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧